労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2019年08月16日 【送検記事】
 茨城・筑西労働基準監督署はフォークリフトを用途外使用したとして、創和リサイクル㈱(東京都世田谷区)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置)違反の疑いで水戸地検下妻支部に書類送検した。フォークリフトのツメに労働者を乗せ、上昇させた結果、労働者が墜落死する労働災害が起きている。

 同社は肥料の製造事業を営んでいる。労働災害は平成31年3月11日に、茨城県下妻市内にある同社の茨城工場で起きた。69歳の男性労働者が高さ3メートルの棚に置かれた袋を取ろうとして、フォークリフトのツメに乗り、2.5メートルの高さまで上昇したところ、誤って転落、頭を床に打ち付けた。労働者は救急搬送されたが同日死亡が確認された。死因は脳ヘルニアだった。

2019年8月16日掲載記事