労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2019年07月12日【送検記事】
 高知・須崎労働基準監督署は、平成31年3月に発生した死亡労働災害に関連して、土木工事業の㈱ジンセイ(高知県高知市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で高知地検に書類送検した。吊り上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンの運転業務を、技能講習を修了していない労働者に行わせていた。

 労災は、同社が請け負って施工する高知県高岡郡内の無線基地局新設工事現場で発生した。立坑の掘削作業で出た土砂を入れた容器を移動式クレーンで持ち上げた際、ワイヤーロープが巻きすぎにより破断し容器が落下、立坑の底で作業していた労働者に激突している。

2019年7月12日掲載記事