労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2019年10月23日 【労働新聞】
 関東運輸局は平成30年9月27日と11月9日に実施した監査で、労働時間等改善基準告示違反などが認められたとして、一般貨物自動車運送事業を営むSS物流㈱(群馬県みどり市)に7日間の事業停止と107日車の車両停止を命じた。9月の監査は群馬労働局と合同で実施している。

 改善基準告示は拘束時間を原則1日13時間、1カ月293時間、連続運転を4時間以内、休息時間を8時間以上とし、過労運転防止を図っているが、すべての基準を守っていなかった。

2019年10月23日掲載記事を読む