労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2019年09月25日 【送検記事】
 福岡・八女労働基準監督署は、トレーラーの荷台から53歳の男性労働者が墜落し死亡した労働災害で、㈲三幸商会(福岡県筑後市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福岡地検久留米支部に書類送検した。

 同社は産業廃棄物処理業を営んでいる。労災は平成31年3月30日に、同社の敷地内で起きた。労働者が廃タイヤの運送のために敷地内にトレーラーを停め、荷台に置かれた廃タイヤの向きを均し、シート掛けをしていたところ、あおりを越えて2.6メートル下の地面に墜落した。労働者は救急搬送されたが同日死亡が確認された。死因は脳挫傷だった。

2019年9月25日掲載記事