千葉労働局(友藤智朗局長)と千葉労働基準監督署(篠崎和代署長)は、年末年始無災害運動の取組みの一環として、千葉県産業安全衛生会議構成機関とともに、清水・大成・新日本・旭共同企業体の「千葉銀行本部棟予定地」で合同安全パトロールを実施した(写真)。

 同事業場では、高所作業車が複数出入りしている。作業員の挟まれ防止機能がない車両には、挟まれ防止材を設置して労災防止に努めている。また、近隣の住民対応として、防音対策やホコリ対策を徹底している。

 総評として、同労基署岩瀬副署長は、「現場は日々刻々と変化する。作業するその日のリスクを全て見つけ対処していくことは並大抵のことではない」と話し、常に細心の注意を払うよう求めた。