三重・伊賀労働基準監督署は、墜落防止措置を怠ったとして、三重県伊賀市で造園工事業の「石原園」を営む個人事業主を安全衛生法第21条(事業者が講ずべき措置など)違反などの疑いで伊賀区検に書類送検した。

 石原園の労働者は令和元年1021日、人通りの少ない市道で高さ8メートルの街路樹の剪定作業をしていた。腰にロープを巻き付け、街路樹にぶらさがり作業をしていたところ、幹が折れて4.5メートル下に墜落した。胸椎や脊髄損傷、肺塞栓で死亡した。

 労働安全衛生規則第518条では、高さ2メートル以上の箇所で作業を行う場合、作業床を設けなければならないとしている。同事業主は高さ4.5メートルで作業させていたにもかかわらず、移動式足場などを設けさせて墜落防止措置を講じなかった疑い。

 労働者は入社50年目で、石原園で働く他の労働者らも足場を設けず作業することが常態化していた。

【令和2年2月3日送検】