広島・尾道労働基準監督署は、クレーンの過負荷制限を守らなかったとして、造船業の㈲エイシンテック(広島県尾道市)と同社代表取締役および工場長の計1法人2人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で広島地検尾道支部に書類送検した。令和元年12月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は、労働者に工場内に設置している定格荷重2.8トンのクレーンで、3.5トンの船体部品を持ち上げさせた疑い。その結果、吊り荷の船体部品が横転して労働者が下敷きになっている。

【令和2年3月6日送検】