経済産業省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売上げが大幅に減少した中小企業などを対象とする「持続化給付金」の給付額の算定方法を変更した。給付額の算定時に10万円未満の額がある場合でも、200万円(個人事業主100万円)を上限に、切り捨てずに満額支給する。