厚生労働省は6月12日、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例法が成立したことを受け、雇用調整助成金をさらに拡充した。

 これまで8330円だった1人1日当たりの助成上限額を1万5000円に引き上げた。対象は、今年4月1日〜9月30日の期間の休業および教育訓練。

 解雇等を行わない中小企業の助成率は、従来の原則9割から一律10割に引き上げている。

・リーフレット「雇用調整助成金の受給額の上限を引き上げます」(厚労省サイトより)
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000639422.pdf