愛知・豊田労働基準監督署は、車両系建設機械を用途外使用したとして、フジ建設㈱(愛知県名古屋市守山区)と同社現場作業責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で名古屋地検岡崎支部に書類送検した。令和2年1月13日、豊田市内の土砂集積場において、同社の72歳の男性労働者が被災する労働災害が発生している。

 被災者は、鉄製外壁を修繕するためにコンクリート圧砕機のアタッチメントの下で、鉄板の溶接作業を行っていた際、降下してきたアタッチメントと床面との間に挟まれ、重傷頭部外傷で死亡した。

 同社は、解体用機械であるコンクリート圧砕機を、本来の用途ではない鉄板を押さえる作業に使った疑い。

【令和2年6月10日送検】