埼玉県は、テレワークの導入が難しい業種向けに「業種別導入支援セミナー」を開く。併せて、環境整備にかかる経費に対する補助金交付などにより、同県内事業場のテレワーク導入・定着を推進する。

 業種別セミナーは10月以降、3回に分けて毎月実施する。10月の卸売・小売、医療・福祉、サービス業向けをはじめ、11月には建設業、運送業、12月には製造業を対象に開催する。「導入が難しい業種でも、業務の切り出し方次第でテレワークが可能になることを周知したい」(同県産業労働部)としている。