スポーツ庁は、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の実施を積極的に取り組んでいる企業を認定する「スポーツエールカンパニー認定制度」について、2021年の募集を開始した。11月30日まで受け付ける。

 認定期間は、2021年1〜12月。認定を受けた企業はスポーツ庁のホームページ上で公表されるほか、認定証および認定マークなどが交付される。

 要件は、「取組みの対象が特定の従業員にとどまらず、企業、事業所等全体で推進している」、「経営者等の理解を得て、企業、事業所等の内部の取組みが明確化されている」など合計6項目。過去に認定を受けた事例としては、朝や就業中の体操・ストレッチ時間の設定、階段利用の推進、スタンディングミーティングの実施――などがある。