日本フランチャイズチェーン協会(=JFA、渡辺裕明会長)は、コンビニエンスストアのフランチャイズ店と本部のトラブル解決を図るため、ADR(裁判外紛争解決手続き)の認証に向けた手続きを進めていると公表した。経済産業省の検討会で明かしたもので、来年4月からの実施をめざすとしている。

 認証が得られるまでの間は、フランチャイズ相談センターの強化を図る。これまでの相談、専門相談員によるアドバイスに加え、外部委員による紛争解決に向けた協議を実施するとしている。