くりぃむしちゅー有田哲平がナビゲートするプロレストークバラエティ『有田と週刊プロレスと』のファイナルシーズン最終回がAmazon Prime Videoで配信された。

有田が毎回1冊の「週刊プロレス」をテーマに、プロレスから学ぶべき人生の教訓を伝授するこの番組。2016年からスタートし、気づけばシーズン4までシリーズ化。今回、ファイナルシーズン最終回まで駆け抜けた有田にインタビューを実施した。



―まず、有田さんがプロレスにハマったきっかけから教えていただけますか?

きっかけは、僕の兄です。年齢が7歳離れてるんですけど、その兄貴がほとんど僕をかたどった人なんですよ。僕が5歳の時に、兄貴は中学生だったんですね。だからその頃からビートルズを教えてくれたりとか、ブルース・リーや洋画なんかもそうですね。その辺の小学生がアニメの曲のレコードを買ってる時に、僕一人だけビートルズのレコードとかを買いに行ったりしてたんです。    

その流れで、当時うちの兄貴が予備校に通っていたので僕が小学校5年生くらいの時だったと思いますが、ちょうどプロレスブームだったんですよ。タイガーマスクがブームで、いつもの感じでまた兄貴から「タイガーマスクって本当にいるの知ってるか」と聞かれて、何を言ってるんだっていう……(笑)。

―なんだか番組を目の前で見てるみたいです(笑)。

熊本ではプロレス中継の放送が深夜だったので、当時の僕は当然目にすることはなかったんですね。だから兄貴は何を訳のわからないこと言ってるのかなと思っていたら、ある日の夜中に、親が寝静まった後にこっそりテレビでプロレス中継を見せてくれて。それで見たのが、たまたまタイガーマスクかなと思うんですけど。その時はなるほどーくらいだったんですが、そこから何度かプロレスの雑誌を開くようになった時に出会ったのが長州力さんですね。長州さんの「噛ませ犬」発言を見てからどっぷりハマっていきました。

―雑誌というのは『週刊プロレス』だったんですか。

実は、週刊プロレスは当時まだ発売されていなかったんですよ(※1983年より週刊化)。その頃は『デラックスプロレス』『月刊プロレス』もしくは『ゴング』で、1カ月に2回くらいしかない時代だったんです。だからそれらを読んでましたね。結局そこからハマったので、月刊プロレスが『週刊プロレス』になりますよっていう時には既に僕はどっぷりファンだったんです。だから週刊プロレスは1号から全部持ってるんですよ。

―プロレスの魅力を一言で言うと、有田さんにとってどういう言葉になりますか?

この番組を見ていただいている方はおわかりだと思うんですが、毎回必ず番組の最後に『プロレスから学ぶ人生に役立つ教え』という一言があるんです。今回取り上げた事件から何を学べばいいかという教訓ですね。それを見ていったら、結局人生のほとんどはプロレスから学べるんですよ。

最近は、メディアの中で「それお前、プロレスじゃないか」とか「プロレスやるか」みたいな言葉が使われたりしますよね? 僕らが言うプロレスはそれとはニュアンスが違うんですが、言ってみれば全部がプロレスなんですよ。世の中がプロレスなのか、プロレスが世の中に合わせてるのかわからないっていうくらい、プロレスというフィルターで物事を見れば、全部が繋がってきちゃうんですよね。

だから魅力といいますか……もう、全てなんです。世の中の全てがプロレス(笑)。失礼な話になるかもしれませんが、例えばラグビーが今年流行りましたよね。すごく面白いと思いますし、僕も見てましたけど。ラグビーワールドカップ、日本頑張れ!頑張れ!よっしゃ!勝った!よっしゃ、日本、決勝トーナメント行く!っていう応援じゃないですか。違うんですよね、プロレスって。勝ったとか負けたとかだけではなくて、その裏にいろんな背景だったりリアルな人間模様が絡み合っていて、いろいろな歴史が全て繋がってくるんです。だからプロレスは長く見れば見るほど楽しめるし、考えさせられるんですよね。そのかわり、ラグビーみたいに勝ってやったー!ってスカッと「酒飲もうか!」とはならない。応援してる選手が勝ったとしても、試合が終わった後に酒飲みながら、「これはどういう意味なんだろうな……」って(笑)。

―ですよね(笑)。

プロレスファンだったらわかると思うんですけども。

―行間を考える。

そう、行間なんですよ! いわゆる世間で言う、おしゃべりしてる中でも行間を読まなきゃいけないとか、なんとなくこっちでしゃべってるけど、あっちの人の顔も……とか、そんなのも全部プロレスなんです!


シチュエーションモノマネができるまで

―今の話に結び付けられる話なんですけど、有田さんって番組の中で、絶対その現場にいないだろうっていうシチュエーションのモノマネもされますよね? 例えば、猪木さんと新間(寿)さんの密談とか。レスラー同士が飲み屋で話してるところとか、有田さんはどうやってモノマネされているのだろう?って思いながら僕見てるんですけど。おそらく、いろんな文献を読んでのことなのかなとは思ってはいるんですが、その辺をぜひお聞かせいただきたいなと思って。

まず一番は文献ですね。いろいろなインタビューなんかをたくさん読んでいます。でも一つの事件に関して、いろんな関係者の方がそれぞれの視点で違うことを語られていることも多いので、真実はわからないんですよ。いろんな事実みたいなものが並べられるだけで。だけど、そういうインタビューを読み込むうちに、「きっとこういうことだったんだろうな…」というのがなんとなく頭の中でできてきます。

―はい。

そうなっていくと、僕一回ビックリしたことがあったんですけど、長州力さんの「キレちゃいないよ」のモノマネを初めてやり始めた時、まさにUインター(UWFインターナショナル)と新日本プロレスの全面対抗戦の頃ですよね。今から25年くらい前かな。ザキヤマ(山崎弘也)に「ちょっと、キレましたかって聞いてくれ」って言いながら練習してたんですね。で、聞かれたら「キレてないですよ」ってモノマネで言ってたんですよ。そのうちに芸人だからふざけ始めて、ザキヤマがいろんなことを聞き始めるんです、関係ないこととか。そしたら不思議と何でも答えられるんですよね。長州力さんになりきって(笑)。

―そんなこと言わないのに、長州さんは。

いや、でも、たぶん長州さんは言うだろうと! 調子に乗って「どんな女の子が好きなんですか」みたいなことを聞かれたら、「(長州力のモノマネで)なんだ、お前その質問は。お前。受けないぞ、お前の取材は……」とか。答えるとかじゃなくて怒るんですよ。モノマネをしているうちにどんどん憑依してくんですよね。

―入ってくるんですね。

きっと長州さんならこう言うだろうというルールがあるんですね、モノマネの中には。長州さんはこういうことしか言わないだろうなとか、天龍さんだったら基本的にはリスペクトがベースにあって「(天龍源一郎のモノマネで)いやー、あの選手は素晴らしいよ」みたいな。長州さんはきっと早くインタビューを終わらせたいって気持ちだし、とか。

―なるほど。

その上で、いろいろな文献が頭の中に入っているから、例えば新間さんにこんなことを聞かれたら、猪木さんはきっとこう返すだろうっていうのは自然と出てきちゃうんですね。そんな感じで初めは予想や想像だったものが、二十何年も経つと徐々に記憶がすり替わってきて、自分がその場で聞いていた気になっちゃう(笑)。

一同:(笑)

これが不思議なんですよね、プロレスは。この番組のシーズン1のDVD-BOXの特典映像で詳しく話しましたが、長州力さんが藤波辰巳(現・辰爾)さんに言った「俺はお前の噛ませ犬じゃないぞ」っていう名言だって、そもそも音声は残ってないわけですからね。

―そうですよね。あれ、残ってないですよね。

言ったであろうとはされてますけど、映像がないですもんね。写真だけで。だけど、「(長州力のモノマネで)俺はお前の噛ませ犬じゃないぞ」っていう、このトーンじゃないかと思ってるわけです。

―わかります。

だから頭の中ではもう勝手にそうなってちゃってますよね(笑)。


人生に寄り添う思い出の試合

―なるほど(笑)。よくわかりました。ありがとうございます。プロレスって人生に寄り添うものだと思うんです。個人的には1990年5月14日に東京体育館で三沢(光晴)さんがタイガーのあのマスクを脱いだシーンを見てて、なぜその日を覚えているのかというと、ちょうどその日に彼女と別れた事件があったんですよ。だから僕はあの試合をたまに見ると、そのことをものすごい思い出すんです。有田さんもプライベートなところで、プロレスがご自分の人生に寄り添っている、というような思い出の試合はありますか?

それを言い出したら山ほどありますね。ただ、さっき言った長州さんの「噛ませ犬」発言は昭和57年10月8日後楽園ホールなんですけど、その日に後楽園ホールで見たわけじゃないんですよ。熊本では後日放送だったので。だけど、その「10.8後楽園ホール」は、明らかに僕の人生が変わった瞬間なんですね。下の者が上の者に噛みついていいんだみたいな。そこから僕もクラスの人気者に対して噛み付くようになったんですよ。

―あはは。なるほど(笑)。

小学5年生ですからね。クラスの人気者の高田君にビンタして「俺はお前の噛ませ犬じゃなかばい」って言って。なんのこっちゃ、相手はわからなかったと思いますけど(笑)。向こうは勉強もできるし、スポーツもできるし、友だちも多いから、僕も勉強を頑張り、スポーツを頑張り、急に水泳とか行き始めて喘息だったのを治したりして。で、ルックスは変わらないので、あとはおしゃべりしかない。向こうのしゃべりより俺のほうが勝ってるなと思って、人を笑わすことをし始めたら、いつの間にか芸人になってましたから。

あとは、ちょうど自分が迷っていた平成2年かな。番組のシーズン2でも出てきましたが、1990年2月10日の東京ドーム大会ですね。新日本プロレスと全日本プロレスの団体対抗戦で、初めて新日本のリングに全日本の選手があがった時の興奮は忘れられないです。当時、大学受験で東京に来てたんですが、確か一つ大事な受験をすっ飛ばして見に行ってるんですよね。熊本だと年に一回くらいしか興行が来ないですし、しかもこの大会は絶対交わることがないと思われていた新日本と全日本の夢の団体対抗戦で。大きい声では言えないですけど、受験用に親からもらったお金で東京ドームの上の方の安いチケット買って見に行きました。人生に一番迷っていて、宙ぶらりんなわけですよ。予備校時代だったと思うんですが、受験でこの後どうなるのかって時にあれを見て、なんか……マジ頑張ろう!って思いましたね。……もう言い出したらキリがないです(笑)。たくさんありますから!


『有田と週刊プロレスと』スタートのきっかけ

―では番組についてお聞きしたいのですが、『有田と週刊プロレスと』の番組のオファーが最初に来た時の率直な感想はいかがでしたか?

本当言うと、好きなものを仕事にするのはどうかなって思うところはありましたね。仲の良いスタッフが話を持ってきてくれた時には、「いや、ちょっとイヤだな……」って。僕プライベートでゴルフもするんですけど、実はゴルフの仕事もしたことがないんですよ。だから、うーんちょっとどうかなって話をしたんですけど、スタッフが何回も来てくれたんです。しかもよく話を聞いたら、決まっていることと言えば、スタッフが選んだ『週刊プロレス』1冊を見て話すだけっていう(笑)しゃべれるかどうかわからないから、もしダメだったら2冊目3冊目を出してくれなっていうところからだったので、僕は何も構えずに行けるじゃないですか。「あ〜、明日この話しなきゃな……」っていうのもなく。大抵他のところでプロレスの話を長々とすると嫌がられるけど本当にいいのか?って聞いても、いいって言うので、それだったらやるって言ってやり始めたんです。

実はこの番組、毎シーズン結構先に撮るんですよ。10本くらい撮った頃にOAが始まるんですね。シーズン1の時は、いつ配信されるかもよくわかっていなかったので、最初、俺のレクリエーションビデオみたいになってるのかなって思っていたくらいです。ご褒美かなんかで(笑)。今でこそAmazon Prime Videoも当たり前になってますけど、番組が始まった当初はどこでどうやって見るのかも自分自身がわかっていなくて。そうこうしているうちにとうとう始まりましたって。そしたらね、すごい……評判いいですよなんていうから、どういうことなんだろう?って。

―レクリエーションビデオが(笑)。

プロレスの話をいつも通り仲間に話す感覚でやっていただけなのに評判がいいってどういうことなんだろうって(笑)。そんなことをしてるうちに、本当に熱狂的な番組ファンの方々が増えてきて、嬉しいことに僕が今までいろんな番組をやらせてもらっている中でもトップクラスに「好きです」って言ってもらえるんです。







―反響が多いってことですか。

はい。やはりプロレスと同じですね。僕もプロレスファンなのでわかるんですが、どっぷりハマりやすい方が多いんでしょうね。あとは、この番組が配信というメディアに合っていたというのもあるかもしれません。プロレスは一つ一つの事件や出来事が繋がっているんですけど、配信はアーカイブとして過去のエピソードが残るので、関連する事件や出来事のエピソードを好きな時に見返せるんですね。お笑いを一生懸命頑張ってきたんですけど、結局プロレス語ったら人気が出るっていう……。まあまあ、嬉しいことですけどね(笑)。


番組で使う封筒の話

―あえてプロレス的な表現で質問するんですけど、番組では封筒に入っている週刊プロレスを出して、本当に初見でいきなり有田さんが話し始めていますよね。あれもしかして段取りがあるんじゃないの?みたいな話を周りのプロレス好きとしたことがあって、

なるほど。

―実際のところはどっちなんでしょうか?

これがね〜、よくぞ聞いていただけましたね! 結論としては、封筒を事前に「今日はどの号が入ってる?」って見ることはないです、一回も。だけど、それがプロレスの真髄のような気がするんですけど、封筒に入っている週刊プロレスは、プロレスファンのスタッフが選んでいるんですよ。なので、この週刊プロレスを渡せば絶対にアイツ(有田)は食いついてくるはずだっていうのは、ある程度わかって選んでいると思うんです。


©flag Co.,Ltd.

―そうなんですね!

だけど、僕はどの週刊プロレスが出てくるか知らないのでガチなんですよ。だからそれがプロレスのような気がしてならないんです。僕、毎月フリートークライブをやらせていただいてるんですけど、実は同じようなスタイルでやってるんです。うちの相方 (上田晋也)と二人で何も打ち合わせをせずに約2時間ちょっとしゃべるんですけど、「打ち合わせしてるんですか」ってよく言われるんです。でも全くしてない。お互いにこんな話しようやとか、最後これで終わろうかって話は一切してないんですよ。だからガチです。だけど、完全にガチンコと言えるかっていうとわからないです。なぜなら、この話は上田が絶対持ってるもんなとか、ある程度わかってしゃべっているので。

―なるほど。

こういう攻め方すれば、上田はこうやってツッコんでくるなとか。向こうも俺にこのパスを渡せばこいつ弾けるもんなって、わかりつつやってるわけですよ。かと言って、パスの投げ合いかって言ったら、そうじゃないんです。ちょっとこいつ困らせてやろうかとかもあるんですね。で、何となく探りながら、もうそろそろ時間か。よし、じゃあ最後は一番盛り上がる形で終わりたいなって、鉄板のトークかなんかも入れながら、よし!盛り上がった!以上です!って感じ。これが僕にとって正しいプロレス。まあ、正しいも正しくないもないですけど……。

―伝わってます(笑)。

よく言う「プロレス」っていうのは、台本通りとかお約束っていうふうになってますよね。そういう意味でいうと番組の封筒は、ガチです。だけど、スタッフはある程度わかってて僕にパスを渡してますよね。正直失敗したこともあります。

―だからこそガチってことですよね。

パンチがいきなり入っちゃったみたいな。軽い気持ちでいったらパンチ入っちゃって1分で終わっちゃったみたいなね(笑)。


SNSをやらない理由はプロレスからの影響

―有田さんの生活や人生において、プロレスから影響を受けていることはありますか?

これは番組では話してないんですけど、今の時代に逆行するようで申し訳ないんですが、例えばみなさんよくインスタやTwitterでこんなところに住んでるんですよとか、プライベートでこんなご飯食べましたって載せるじゃないですか。それが僕はどうしてもダメで。それがなんでかって言うと、ルーツをたどっていけばプロレスなんですよね。タイガー・ジェット・シンはサーベルを振り回して何をやってるんだ!?と思いたいんですよね。密林王グレート・アントニオは本当に密林に帰っていってるんじゃないかとか。

―そうですよねぇ。

(ミル・)マスカラスはニックネームが仮面貴族っていうくらいだから、本当にゴージャスなところにいるんだろうな……召使いが10人くらいいてとか。そんなことを思いながら楽しんでたような気がするんですよね。だから、プロレスラーがファーストフード店から出てくるのを見てしまったら、ちょっとうわぁ……ってなるわけですよ。

―わかります。僕もホームセンターから坂口征二さんが出てきた時、普通の人なんだってちょっと思ったことあるんですよ。

ありますよね。僕はそのあたりが完全にプロレスから来ちゃってるので、自宅公開もしないですし。煙に巻くというか。そこはおそらく一生守っていくところじゃないかなと思いますね。ただ、そう言いながら仮に僕がインスタを始めたとしましょう。「今日これを食べました!」って写真を投稿したら、それはおそらくプロレスです!

―あはは!

コイツ食ってねーなってことだと思ってください!

―ですよね(笑)。

自分がSNSを急にやり始めたら、僕からのメッセージが行間にあるはずなんですよ。しかも、女性タレントがやるようなことをやり始めた時には「これは何かあるな……」と思ってくれていいですから!

―それぜひやってほしいですね(笑)。では最後の質問です。僕ら視聴者としては『有田と週刊プロレスと』は今シーズンがファイナルだと思ってたんですけど、最終話の最後で「この番組がプロレスを扱っている以上、引退という言葉がプロレスの中でどういう意味を持っているか、プロレスファンだったら分かりますよね?」と含みを持たせるコメントがありました。有田さんの頭の中にある次のシーズン、あるいは新たな番組など何か抱負や構想がありましたらお聞かせください。

『有田と週刊プロレスと』は、今回のファイナルシーズンで4シーズン目ですけど、シーズン2か3ぐらいからもう話すことはないよって思ってたんですよ。でも、この週刊プロレスを渡せばしゃべりやすいだろうってものをスタッフが毎回出してくるので、意外とまだしゃべることがあるんだなって思って続けてきたんですよね。

―はい。

とはいえ、これだけで2時間いけるなってものはさすがにもうないんじゃない?って話をしてたら、そこら辺がまた上手いんですけど、「別に1個の事件を掘り下げるだけが『有田と週刊プロレスと』じゃないんじゃないですか」みたいなことを言われましてね。どういうことかって言うと、プロレスをこうやって布教してファンを増やして、プロレスって面白いなってなったら、事件を語るだけがプロレスを教えることじゃないんじゃないですか、と。他にももっとプロレスは楽しみ方がありますし、次はそういうことにチャレンジしてみませんかなんて言われちゃったら、こっちもドキッとしますよね。なるほど、みたいな。その時なんとなく思い浮かんだのが、これはあくまで仮ですけども、コンサートホールみたいなのを借りて、単純に爆音でテーマ曲を聴きたいなとか。

―あはは! 行きたいっすね、それ!

入場テーマ曲も勿論、プロレスの魅力の一つですからね。そういうようなことってまだたくさんあるから。なんせ、今まで映像も出してなければ物も出してないですし。僕が持ってる覆面のコレクションですら出してないんです。だからそういうのがいっぱいあるんじゃないかっていうことで、ちょっといろいろやっていきませんかなんて言われちゃったらね!(笑)。『有田と週刊プロレスと』は終わりましたよ。ファイナルシーズンですから、一応。でも、引退から7度目の復帰をされた大仁田さんじゃないですけど、それは考えちゃいますよね。ボランティアレスラーとして(笑)

―(笑)わかりました。ありがとうございます!




©flag Co.,Ltd.

<INFORMATION>

『有田と週刊プロレスと』は、Amazon Prime Videoにて全4シーズン配信中。
シーズン1&2は、特典映像付きのDVD-BOXが好評発売中。

 『有田と週刊プロレスと』
出演:有田哲平、倉持明日香 / ナレーター:田中ケロ /
イラスト:広く。 / 演出:前川コーファン / 監修:週刊プロレス /
制作:全力カンパニー / 製作・著作:フラッグ / ©flag Co.,Ltd. 
公式サイト:https://arita-wp.com
Twitter:https://twitter.com/aripro_wp
Facebook:https://www.facebook.com/aripro.wp/
YouTube:https://www.youtube.com/c/aripro
Amazon Prime Video:www.amazon.co.jp/PrimeVideo