デビュー30周年のメモリアルイヤーを迎えた東京スカパラダイスオーケストラ。その記念すべきタイミングでリリースされたニューアルバム『ツギハギカラフル』はシングルリリースされた「ちえのわ feat.峯田和伸」「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」「リボン feat.桜井和寿」はじめ歌モノを集めたディスクとインスト曲を集めたディスクをカップリングした2枚組。クラシックでありながらブランニュー、オーセンティックでありながらポップ。いくつものボーダーを踏み越えて「トーキョースカ」の領域を拡大し続けるスカパラの今と未来がそこには詰まっている。30年の歩みを支えてきた哲学と今作に込めた思いについて、谷中敦(Baritone sax)、GAMO(Tenor sax)、NARGO(Trumpet)の3人に語ってもらった。

音楽に対して、頑固でありつつ柔軟でいたいんです。(NARGO)

―30周年、おめでとうございます。スカパラというバンドは、もちろんスカに根ざしながらも常にそれを今の時代に合わせて更新してきたという印象があって。その積み重ねの30年だと思うんですが、そういう意識はお持ちですか?

谷中敦:うん。ひとつのスタイルを貫いていくことはすごく大事ですけど、しなやかじゃないと生き残っていけない。いろんなことにオープンな姿勢は大事だと思っていますね。たとえば僕、タンゴのアストル・ピアソラが好きなんですけど、ピアソラってタンゴのなかでは異端児って言われていて。でも、今では全世界的にタンゴっていうとピアソラって言う人が多い気がするんですよね。それこそヨーヨー・マもやってるし、クラシックの人も入ってきている。そうやってジャンルを超えていく人が次の時代の音楽にアクセスしていけるんです。スカパラもそういう精神でいたいなとすごく思います。

―そういう精神性は、スカパラが始まった時から脈々とあるものなんでしょうか?

谷中:潜在的にはあったでしょうね。もともとゴチャっと入れてますから。昭和歌謡だとか「お茶の間にスカを」とか(笑)。アンダーグラウンドもオーバーグラウンドも関係なく、クラブでも演奏するけど武道館でも演奏したい、みたいなことだったり……。



NARGO:音楽に対して、頑固でありつつ柔軟でいたいんです。たとえば、僕らのあいだでよく老舗の料理店の話をするんですけど、秘伝のタレってあるじゃないですか。江戸時代から継ぎ足し継ぎ足しで作ってきたというような。その継ぎ足すタレの味って、時代とともにちょっとずつ変えているらしいんですよ。

谷中:暑い時と寒い時でも、味覚が違うはずなので、そういうところの調整もするんですって。

NARGO:僕らの音楽も同じで、30年前にデビューした時は今よりテンポも遅かったけど、それでも十分刺激的な音楽だったはずなんです。だけど今全く同じテンポでやると何か物足りないなと思うし、今の若い人からすると「ちょっと遅いな」という感じになってるので、それもちょっとずつ変えています。

谷中:だから、同じ効果を得るために、ものすごい努力をしている可能性があるっていうことです。

NARGO:スカっていうものを頑固にやり続けているんですけど、それと対照的にものすごく柔軟でありたいっていう。なんでも受け入れられるような気持ちは持ち続けていたいなって思います。


落ち着いていた時期なんてないんじゃないか?っていうぐらいのスピードで進んできた。(GAMO)

―スカパラの30年を紐解いていくと、まさに常に新しいものを取り入れてきた歴史だと思うんです。メンバーのラインナップっていう意味でもそうだし、楽曲も、コラボレーションする相手も。「変わり続ける」ということに対しては意識していたと思いますか?

NARGO:どうなんだろう……ただ初期から「日本人って、物事をカテゴライズしたがる」っていう話はしていましたね。ジャンルに分けると見ているほうもやってるほうも楽なんだけど、そうするとその世界だけで完結しちゃうんですよ。でもそれでは面白くないなっていうので、僕らはそれを突破する役割をやらなきゃいけないっていうのはみんなで話していました。


Photo by Kazushi Toyota

―それを貫いてきた30年、ということですね。

GAMO:そうですね。だから状況がすごく目まぐるしかったです。落ち着いていた時期なんてないんじゃないか?っていうぐらいのスピードで進んできた感じがあります。

―そうですよね。だから、30年続くバンドはたくさんいると思うんですけど、常に新しい姿を生み出しながら続けてきた凄みというのは、スカパラを見ていて感じます。

GAMO:そうかもしれないです、なんか毎回お題が降り掛かってくるんですよ。
それを毎回乗り越えていかないと次が見えなくて。だからみんなで頑張ってひとつずつ乗り越えていく。そうするとまた違う景色が見えてきて、発想も違ってくる。そういう感じでやってきましたね。

NARGO:毎回、こんな高い塀はないぞって思いながら乗り越えると、もっと高いのがあるっていう(笑)。そういうことを繰り返し来ている感じがしますね。

谷中:ずっとその連続だよね。

NARGO:だから今、中南米をいろいろ回ってると、また新しい景色が出てきて。まさか地球の反対側に僕らより長くスカをやっているバンドがいるとは、という(笑)。想像もできないですよね。30何周年ですっていうスカバンドがスタジアムを埋めたりしてるんですよ。

谷中:アルゼンチンのバンドで、35周年だとか。

NARGO:しかもそういう人たちが僕らのことを知っていてくれて。「やっと会えたな」って言ってくれるんです。マジっすか、みたいな(笑)。

―中南米というと、先日メキシコの音楽アワード「ラス・ルナス・デル・アウディトリオ」で賞を獲ったというニュースもありました。すごいことですよね、これも。

NARGO:ありがとうございます。ラテン音楽の最高峰が集まっている、すごく豪華な授賞式で。なんかとんでもないところに居合わせちゃったなっていう(笑)。


メキシコ・メキシコシティのAuditorio Nacionalで行われた音楽アワード「ラス・ルナス・デル・アウディトリオ」に出席。スカパラは、メキシコで優れたライブパフォーマンスを披露しているミュージシャンに贈られる賞「エスペクタクロ・オルタナティボ」を受賞した。

GAMO:緊張したよねえ。

NARGO:谷中さんもスピーチをずっと練習していて。

谷中:通じて良かったよ(笑)。

GAMO:スピーチのあともいろんな人たちが「良かったよ!」って言ってくれて。

NARGO:向こうじゃスーパースターの人たちが、みんな「写真撮ろう」って寄ってきてくれたんです。「TOKYO SKA! TOKYO SKA!」って。

―それも、ずっと続けてきた証ですよね。

NARGO:日本じゃ賞なんかほとんどもらったことないのに、どうなってんだと思いますけどね(笑)。


わかりやすい曲をあえて僕らが30周年でやるというのは、全世界に対しても「トーキョースカ」をアピールできる。(NARGO)

―そんななか、30周年記念のニューアルバムがリリースされました。今回は歌モノとインスト曲を分けて収録した2枚組になっています。

GAMO:やっぱりインストバンドっていうのは基本にあるので、しっかりインスト曲を聴かせたいというのが最初の段階であって。そうすると曲数が多くなっちゃうよねって話になって、いろいろ考えてこうなりました。

―そんなアルバムの1曲目では、キヨサクさんとTAKUMAさんという、スカパラにとっては盟友といっていいミュージシャンとともにスカクラシックの”Jamaica Ska”をやっています。これはすごく象徴的だなと思ったんですが。

NARGO:これはギターの加藤(隆志)くんがずっとプッシュしていた曲で。”Jamaica Ska”というスカの大ヒット曲、わかりやすい曲をあえて僕らが30周年でやるというのは、全世界に対しても「トーキョースカ」をアピールできるんじゃないかと思います。クラシックのスカをそのままやるんじゃなくて、僕らの解釈で新しくすると、こういうことになるんだよって提示できたんじゃないかな。すごくいいアレンジができたと思います。


Photo by Kazushi Toyota

―この曲のオリジンであるバイロン・リー&ザ・ドラゴネアズはレゲエやスカをワールドワイドにしていったパイオニアですし、そこはスカパラがやってきたことともダブりますね。

NARGO:オリジナルスカって、本当にいろんな音楽をミックスして……もうジャマイカ人が勝手にやっちゃってるじゃないですか。カバーなんだけど適当に名前変えて自分たちの曲みたいにしたりとか(笑)。相当むちゃくちゃなことやってると思うんですけど、それがその当時のミクスチャーだと思いますし、僕らもまさにその精神でやっていて。だから、時代は違うけれども、バイロン・リーがやっていたこととは近いんじゃないかなと思います。

いろんな人がかかわればかかわるほど、夢は多少ずれていくけど、それを受け入れていけることが大事なのかなって。(谷中)

―そしてその”Jamaica Ska”に続いてタイトルトラックの”ツギハギカラフル”が来る。そこで一気に歴史が未来につながるような感じがありますよね。このアルバムタイトルにはどういう意味を込めているんでしょうか?

谷中:人ってそれぞれ夢を持っていて。「夢なんて持ってない」って言い張る人もいるかもしれないですけど、やっぱり希望や見通しを持って生活しているわけで。その「夢」という名前で呼ぶものは、絶対ひとりでは実現しない。誰かと一緒作り上げていくものなんですよ。そうすると、ひとりで考えたものからは絶対に違うかたちになっていく。でもそれを受け入れていくのがいい人生だと思うんですよね。「本当はこんなはずじゃなかった」って思っちゃうと人生はすごく寂しい。いろんな人がかかわればかかわるほど、その夢は多少ずれていくけど、それを受け入れていけることが大事なのかなっていう意味で『ツギハギカラフル』と名付けました。自分たちも9人それぞれの夢をツギハギにしてやっているし、コラボレーションの相手やかかわった人たちの気持ちも一緒に連れながらやっているつもりなんです。



―ある意味ではまさにスカパラの姿勢そのものみたいな言葉ですよね。「ツギハギ」って、ともすればネガティブなニュアンスに感じたりもするんですけど、それがいいんだ、それが人生なんだっていう。

谷中:うん、それを肯定したいですね。ツギハギが許せないんだとしたら、東京の街は愛せないですよ、全部ツギハギですから。四六時中工事中で、渋谷なんかいつ完成するかわからない。俺なんか「サグラダ・ファミリア超えだ」って言ってるんですけど(笑)。でもいろいろな人の夢が混じりあってできあがっている街ってやっぱり面白いなと思うし、同じように一人ひとりの人生も、今生きている人みんなが作っていく未来も、同じようにツギハギ感を肯定することでまとまっていけるんじゃないかと思っています。

Edited by Aiko Iijima


リリース情報
デビュー30周年記念オリジナルアルバム『ツギハギカラフル』
東京スカパラダイスオーケストラ
発売中
https://www.tokyoska.net/tsugihagi-colorful/

ライブ情報
30th Anniversary 2020「TOKYO SKA 30 完結編 〜ツギハギカラフル〜」
日時:2020年3月20日(金/祝)
会場:東京・国立代々木競技場第一体育館
時間:開場16:30 / 開演17:30
料金:全席指定 ¥7,200(税込)
 ※3歳以上高校生以下の方は会場にて¥1,000キャッシュバックあり。
ファミリー指定席 大人¥7,200(税込) / 子供¥3,600(税込)
チケット一般発売:2020年1月18日(土)
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION:03-5720-9999