トーべヤンソン・ニューヨーク(TJNY)のギタリスト、アートディレクター/デザイナー森敬太による連載第5回! 森敬太、スカート・澤部渡、西村ツチカをふくむTJNYのほぼ全員が集結し2019年のトピックを決める恒例のアワードをお届け。激論と余談の結果は……。

座談会参加者:
森敬太(ギター担当、グラフィックデザイナー)/オノマトペ大臣(ラップ担当、サラリーマン/ラッパー)/西村ツチカ(ギター担当、漫画家)/澤部渡(ドラム担当、ミュージシャン)/玉木大地(キーボード担当、プログラマー)/金子朝一(ボーカル/ホイッスル担当、漫画家)/mochilon(ベース担当、ミュージシャン)

※この記事は2019年12月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.09』に掲載された原稿に、加筆を加えたものです。

・唐木元

森:唐木さんはニューヨークでTwitter活動に専念されているので今年はお休みです。

西村:ニョーヨークの元さん。

澤部:パチンコ化されたみたいな言い方ですね。

森:今年の唐木元の総括から始めましょう。

mochilon:我々が最も得意とする欠席裁判ですね。

金子:まずちゃんと生活してるんですかね?

森:お前に言われたら終わりだよ!

西村:数日前、TJNYのLINEグループに黒人気絶写真を唐突に連投してましたよね。

澤部:みんないらないって言ってるのに(笑)。

西村:教会とかで演奏してる時に撮影したみたいですね。

森:そういう文脈だったのか。気が触れたのかと思った。気絶した黒人の写真を延々投下してるし「もうだめだこの人」と思ったよ。

澤部:頻繁にTwitter上で炎上してますね。すごい勢いで一斗缶を倒しに行ってる。

森:よせばいいのに炎にガソリン蹴り込んでね。唐木さんっていうかもう@rootsyっていう感じだもんね。人は炎に魅了されてしまうんだなと思ったよ。

mochilon:金閣を焼かねばならぬ、と。

森:僕が伝えたいこととしてはまさに ”A Message to You, @rootsy”ですよ!

mochilon:♪Stop your messing around, Better think of your future(笑)♪

森:あの曲の通りに事が進むと最終的には投獄されるからね。

澤部:獄死の元さん。

金子:気を引き締めてもらいたいですね。


・中村屋!

大臣:今年は違法薬物とタピオカが流行ったと聞きましたよ。

西村:ドラッグの当たり年でしたね。

森:元ジャニーズの人の土下座、折り目正しかったなー。封建社会が終わってから150年、あんな剛の者が野に下っていたとは。

大臣:あれこそ新時代の幕開けを告げる土下座だったんじゃないですか。令和の大土下座ですよ。

森:ああいう出来事が未来の歌舞伎の演目になると思うんだよね。

西村:「中村屋!」

森:美しいじゃん。愛する女性を守るために報道陣をひきつけて口上を述べてさ。

大臣:「中村屋!」

森:警察署の自動ドアから出てきたあたりで大向うから掛け声が飛び始めるの。

mochilon:「待ってました!」「 大麻!」

大臣:「共同所持!」

澤部:「仮釈放!」

森:んで名口上からの大土下座だよ。「イヨッ千両役者!」とか声がかかんの。勸玄君に。

金子:意外と近い未来の話だったんですね。


・笑えんのか?

森:今年は感情移入できる事件が多かったな。まず「ゆうパック配達員が配達車ごと失踪」。

玉木:なんで失踪したんでしたっけ?

森:釣り銭をちょろまかしてたことを言い出せなくなって、配達車乗ったまま逃げちゃったらしくて。

金子:かわいいなー。

mochilon:逮捕時の供述もいいですねー。「発覚して怒られるのが怖くなり、帰れなくなった」。

西村:朴訥ですね。

澤部:キュンとしますね!                          

森:配達員の気持ちが痛いほどわかる。

一同:(笑)。

森:お前ら心から笑えんのか?

一同:……。


・張本

森:朝一くんが挙げてる「勤務先の警備会社の金庫から現金3億6千万円を盗んだ男」も感情移入部門だね。

金子:彼には心からのあっぱれをあげたいですよ!

大臣:喝! あっぱれ!

玉木:粗い張本ですねー。

金子:同い年くらいなんですよね犯人。同世代のヒーローですよ。

大臣:頼む! 逃げ切ってくれ!って思いながら見てたの?

金子:最初は真っ直ぐに応援してましたね。でも捕まってみたら、ただ金が欲しかったからやったらしくてがっかりしました。

森:そりゃ、そうだろうよ(笑)!  何を期待してたんだよ!

金子:動機の割にはちょっと盗みすぎだろと思って。

一同:(笑)。

澤部:確かに3億6千万にはもっとドラマが必要だなー。

金子:スーツケースに詰めて、都内うろちょろしちゃってたんですよね。その計画性の無さも良かった。

澤部:飛行機も乗れないだろうしね。現金パンパンのスーツケース持ってたら。

森:飛行機! 飛行機といえば「伊丹空港ナイフ持ち込み事件」ですよ!

金子:僕、好きですそれ。

西村:「好き」という概念。

澤部:その事件知らないです!

森:伊丹空港で、ナイフを所持した中年男性が搭乗前の保安検査を突破して姿を消しちゃって巨大な混乱をもたらしたという事件なんだけど、通してしまった理由が良かったんだよ。荷物検査でナイフが見つかったんだけど、中年男性に「これはええねん」って言われて係員が処理落ちしてしまったらしくて。

mochilon:「あー大丈夫なタイプのナイフか」って(笑)。

金子:そう言われたら多分俺も通しちゃうなー。

森:豊中とか伊丹特有の渋め土着グルーヴが濃いめに出てるんだよね。「これはええねん」「ええんか……」って。


・あまりにもリアル

大臣:感情移入といえば、「チュートリアル徳井の税金未払い発覚」ですよ!

森:もう身が千切れんばかりに気持ちがわかるよな。

西村:わかりすぎる。奥さんに言われましたもん。「あんたと一緒やわ! あんただけじゃなかったんや!」って。

一同:(笑)。

澤部:めちゃくちゃわかるなーほんと。

金子:なんであんなに叩かれているのかわかんないですよ。

玉木:それは大体わかるだろ!

mochilon:朝一だけ1個下の階層にいる(笑)。

澤部:朝一! わかるよ! 俺はわかる! 叩ける人たちがこんなにもいるんだっていうことだよね!

森:たしかに俺たち誰も石投げられないもんな。

金子:そうそうそう!

森:徳井のさ、公共料金の請求の郵便物が来ても払いに行かないからガスとか電気が金持ってるのに止まるっていうエピソードはキクね。

澤部:あまりにもリアルですね。あそこ絶対開けないですもん。ドアに付いてる箱。

西村:僕、マジで来た郵便物全部開けずに捨ててましたからね。ザーッって。

一同:(笑)。

西村:TSUTAYAとかでDVD借りて、返却日当日の今家出ないと絶対間に合わないっていうタイミングに、急に「行きたくないなー」ってなって行かない時もありますね。

森:あるある。

西村:そういうのの延長線上でしょうね。徳井の脱税。そういえば僕と森くんは更新し忘れて運転免許剥奪されてますよね。

森:免許に書いてある平成×年まで有効っていうのが西暦でいうと何年なのか、そしてそれは今年なのか来年なのかというのがマジでわからないんだよね。なんかやばい感じがするなこれは、と思ってたら案の定有効期限が切れてて。

玉木:実は僕も更新忘れて免許失効しました。

一同:えー!!

西村:7人中3人!

金子:多い! 多い!

西村:もう一歩で安定多数を確保できますよ!


・出会い方が違ったら

森:大臣どうなの最近は。中堅サラリーマンとしては。

大臣:肝機能がD判定で尿酸値も若干高いですね。

一同:(笑)。

森:中堅サラリーマンは、部下を叱ったりするの?

大臣:僕はあんまり叱ることないですね。森さんとか西村さんは編集の人に怒ったりはしないんですか?

森:僕らはせいぜいムスッとするくらいだからさ。

大臣:泣いたりはしないんですか?

西村:泣いたことないですね。あからさまに空気悪くなるのはありますけど。

森:リアルにきついやつじゃん。

西村:叱られそうな予感を感じて逃げたりはありますね。

森:本能が強い(笑)。

金子:僕は叱られまくりですよ。前の会社でも怒鳴られるっていうか罵声を浴びせられてました。

森:それほぼほぼイコールじゃん。何でそんな住み分けするんだよ。

金子:いやもう、開口一番「殺すぞ!」とか(笑)。

一同:(笑)。

森:それはたしかに怒鳴られてる感じとは少し違うな(笑)。

金子:それで会社のいろんな人がやめていって最終的に僕もやめました。

森:でも朝一は、喫茶店でバイトしてただけなのに、客に「殺すぞ!」って言われたことあるんだよね。

金子:あー、そうそう。なんでか忘れちゃいましたよ。何もしてないことはないと思うんですけど……。

西村:そこまで言わせておいて理由を全然覚えてないってすごいね。

森:精神保護回路敏感だなー。

金子:やっぱりおじさんはある年齢過ぎると気性が荒くなりますね。

一同:(笑)。

西村:偏見でかくない?

金子:「殺すぞ」って言ってきたの2人ですけど、どっちもおじさんだったし。

森:流石にサンプル数少なくない?

澤部:でも、現代に生きてて「殺すぞ」って言われることはあんまりないよね。

大臣:僕、ハワイで「Fuck You!」って言われましたよ。

一同:(笑)。

玉木:何したんですか?

大臣:公衆トイレに入ったら変な奴がいて、めっちゃ喋りかけてきたんですよ。適当にいなして出てきて、外でサンドイッチを夫婦で「おいしいねー」って言いながら食べてたら、そいつが出てきて、顔を目と鼻の先までグーッと近づけて「Fuck You!!!」って。

一同:(笑)。

森:鎗ヶ崎の交差点で「Motherfucker!」って外人に言われたことあるよ。

大臣:怖いっすね!

森:雨の日に自転車乗っててさ、向こうから同じように自転車で猛然と走ってきた外人と正面から接触しそうになってさ。回避したんだけど外人が滑ってちょっと見たことないようなタイプのムーヴでクルクルッとこけちゃって。「大丈夫?」みたいに声かけたんだけど多分顔に出ちゃってたんだろうね。いいもの見たなって気持ちが。

一同:(笑)。

澤部:そりゃ、しょうがねぇわ(笑)。

森:そしたら、外人がすくっと立ち上がって、「何おかしい? 何笑う?」って怖い顔して片言で詰めてくるんだよ。うわーやばいなと思ってたら、トーンが罵りに変化してきたの。何言われちゃうのかなーって思ったら、「お前、お母さんいないね? いないね?」って。

一同:(笑)。

森:「お母さんいた? いないね?」って。多分最上級の罵倒なんだろうけど響きが新鮮でめちゃくちゃ面白くて。笑うの我慢してたら、「Motherfucker!!!!」って叫んでツバを吐いて去っていったよ。上り坂だから、発進がきつそうだったけど。

澤部:代官山方面に(笑)。

森:そうそう。俺は中目黒方面に降りていったから。ちょっと文系っぽいナーディな感じの外人だったんだよ。「お母さんいないね?」は聞いたことなかったなー。すごい悪いこと言ってるはずなんだけど、訳し方に品があるから台無しになってる(笑)。

西村:節度ありますね。

森:育ちの良さを感じたね。

澤部:字面だけ見ると保育園の先生とかが言うセリフですもん。

大臣:出会い方が違ったら2人も何かの形で意気投合してたかもしれないですね。


・熟成と腐敗

森:LINEスタンプを寝かせてから使う癖があるんだけど、今年になって五郎丸スタンプが急激にいい味出してきたんだよね。今使うともうとんでもなく鮮烈な熟成香が漂うんだよ。使い時はまさに今だね。

澤部:わかります! 完全にリーチマイケルの世代に時代が移り変わった今コルクを抜くんですよね!

大臣:熟成と腐敗の見極めが難しいですね。

澤部:僕、2016年に出てた冷凍焼きおにぎりの五郎丸パッケージ保管してます。五郎丸が両手に焼きおにぎり持って「好き!」って言ってるやつ(笑)。

一同:(笑)。

森:将来的に旨味が強く出そうなスタンプを掘るのが一番楽しいな。「このスタンプが最も輝くのは山瀬まみが降板するか文枝に何かあった時だろうけどどっちが早いかな……」とか考えながら。

mochilon:ウェアハウスの藤原ヒロシみたいな視点ですね。


・ポケットの中に

森:吉本、今年すごかったね。

大臣:すごかったですね!

森:昔、代官山UNITで吉本の某超大物芸人の息子と名乗る男のと会って一緒にお酒を飲んだことがあるんだけど、その途中で綺麗に記憶を失ったんだよ。で、気がついたら夜が明けてて自分の部屋で一人で寝てたんだよね。妙に喉がカラカラでさ。飲み物買おうと家を這い出て自販機の前でポケットに手を入れたら……。

金子:手を入れたら?

森:ポケットの中に生島ヒロシの名刺が入ってたんだよ!!

一同:(笑)。

大臣:怖ー!

森:背筋が凍ったね。自分が体験した吉本に関する話だとそれが一番怖い。今でも何があったか全くわからないまま。

玉木:めちゃくちゃ怖い!

大臣:生島本人と接触した可能性があるっていうことなんですか?

森:いや、わからない。何にも思い出せないんだ。

澤部:そこに生島はいなかったわけですよね?

森:UNITにはいないだろ(笑)。

澤部:SALOONにいたのかな(笑)。


・こんな名前でしたっけ?

大臣:「天気の子 Fuck the World」って書いてありますけど……。こんな名前でしたっけ?

一同:(爆笑)。


・買わないですよ

森:「ゴーンの変装」ですよ。ファッション業界の一大ニュースで言うと。

大臣:あの変装、帽子は工場、作業着は建築、安全帯は土木のを選んでて、地味すぎるハイブリッド感に興奮しました。

澤部:いい話だなー。

西村:メルカリに誰でもゴーンになれるキット出てますよ。

大臣:買ってくださいよ。

西村:買わないですよ。3500円もするんだから。

森:誰でもにゃんこスターになれるセットもメルカリにあるね。

澤部:今年の忘年会でそれやる人渋いっすねー!

大臣:いい味出てる!

澤部:熟れきって落ちる寸前の一番甘い時期だ(笑)。

森:来年食べたら体調崩す可能性あるもんね。にゃんこスターやるんだったら今年を逃しちゃいけないよ。


・巨星墜つ

森:今年も多くの巨星が堕ちてしまいましたね。

大臣:誰が印象に残ってますか?

森:そりゃ内田裕也とショーケンですよ!

mochilon:あー今年かー。

森:昔バンドで録音した帰りに楽器抱えてタクシー乗ったら、運転手さんがGS時代にスパイダースの付き人をやってたって話を始めてさ。

澤部:えー! すごい!

森:俺もGS好きだから盛り上がって色んな人のエピソードを聞かせてくれたの。井上順が好きって言ったら、「井上さんは本当に良い人で……」って。

澤部:歌声のまんまだ。

森:それで、ショーケンはどうなんですか?って聞いたら一言、「あいつは狂ってる」って。

一同:(笑)。

澤部:そのまんまだ! どっちもそのまんまだ!

森:運転手さん黙っちゃったね。

玉木:吾妻ひでおは最近でしたね。

西村:めちゃめちゃ好きでしたよ。悲しいです。

森:西村くん、昔褒められたんでしょ?

西村:そうですよ! 浮浪者の描き方が上手だって褒めて頂いたんですよ。

一同:(笑)。

森:浮浪者のセミプロみたいな人から(笑)。西村くんが浮浪者描いてるのあんまり見たことないけど。

西村:それ以来描いてないんですよね。作品も新人賞に送った原稿で、別に何にも載ってないんです。

澤部:世に出てないんだ!

森:じゃあ審査員しか見てないのか。西村ツチカの描く浮浪者を。

澤部:もったいない!

森:サイン会とかで浮浪者描いてくださいって言ったら描いてもらえるの?

西村:めっちゃ浮浪者描きますよ!

一同:(笑)。

森:これは耳寄り情報だなー。

澤部:あの吾妻ひでおが認めた浮浪者を。

西村:でもめちゃくちゃ下手くそですよ(笑)。ほんとに新人の時以来描いてないから。


・口ロロ以来の

澤部:新人で思い出した! ビックスモールンに新人が加入しましたね!

森:今年最大の芸能ニュースだ!

西村:口ロロにいとうせいこう電撃加入以来の衝撃でしたね。

一同:(笑)。

森:コンビ名で2人を表して完結してるのにさ。

澤部:そこに、突然中肉中背の若者がですよ(笑)。

西村:「ン」の部分じゃないすか。

森:入れる方も入れる方だよな。

澤部:最初は弟子入り志願で来たみたいですね。

森:ルナティックじゃん。

澤部:そしたら、そのまま加入を打診されて3人編成に(笑)。

森:登場人物全員土台からバキバキに揺らいでるけど、とりあえずはみんなが幸せになった感じがするね。一部のイソップ童話に感じる読後感と似た感情が胸に。


・真造圭伍ブラジリアンワックスにハマって電子レンジを破壊

澤部:ここに書いてある「真造圭伍ブラジリアンワックスにハマって電子レンジを破壊」、詳しく聞きたいんですけど(笑)。

森:この前、僕と西村くんも出演したトークイベントで会った時に、控室で急に真造くんがケツ毛を引っぱがすとかむしり取るだとか猟奇的な話を始めてさ。一瞬で空気が変わったね。

一同:(笑)。

西村:出番の1分前くらいまでその話してましたよね。痛くない、むしろ気持ちいいとか言って。

金子:自分でやってるんですかね?

森:そうそう。ワックスを電子レンジでチンして柔らかくするらしいんだけど、「電子レンジ壊れちゃったんですよ」って言ってて(笑)。

一同:(笑)。

西村:レンジの反乱ですよ。ケツ毛抜くために俺は電磁波を出してるんじゃないって(笑)。
森:真造くんの家の電子レンジはロボット三原則に耐えきれず、自らの回路を破壊したと思うんだよ。「もう人間を傷つけることはできない……」って(笑)。

mochilon:HAL 9000みたいにエラー起こした可能性もありますね。

一同:(笑)。

森:それで「電子レンジ壊れたからワックスできないじゃん」って話になって、出てきたのがコンビニでワックスをチンしてその場で股間に塗りつけるという解決策(笑)。

一同:(笑)。

mochilon:本物の狂人だ!

森:「持って帰ってきてから塗ったらいいんじゃないの」って言ったんだけど、「固まるからその場で塗らないと無理ですよ!」って(笑)。取り憑かれた人の発想はやばいなと思ってさ。

大臣:持って帰ったら消費税8%、その場で塗ったら10%ですね。ある種のイートイン脱税ですよ。

一同:(笑)。

森:肛門周りの毛でも消費といえば消費だもんね。

西村:真造くん、森くんに助け求めて「でも森さんも陰毛抜いてますよね?」って。森くん「俺は抜いてない、剃ってる」って突き放してて。しょーもない会話(笑)。

澤部:くだらねー!(笑)。

大臣:知性ゼロですね。

西村:「でも剃ってたらチクチクしませんか?」って(笑)。

森:まだ粘ってきてたよね。

大臣:この手は絶対離さないぞという強い意思を感じますね。

西村:それで時間いっぱいになってめちゃくちゃ真面目な顔して人前に出ましたね。

午前0時、重なる長針と短針。4時間に渡って押し寄せた余談に次ぐ余談から顔を上げ、来年こそ音楽方面で成果物を作ろうと毎年のセリフと共にTJNY達はそれぞれの帰路につく。頬を撫でる11月の風は冷たく、白い吐息にさっきまで話していたメンバーと生島ヒロシの顔が代わる代わる浮かぶ。後ろ髪を引かれながら2万マイルの静寂に足を踏み出し、他には夜があるだけ。なりたいな、なりたいな、バスケットボール選手になりたいな。トーベヤンソン・ニューヨーク・アワード2019を受賞したのは、ビックスモールンの新メンバー、グリ氏です。

漫画家・西村ツチカによる「ビックスモールンの新メンバー、グリ氏」のイラスト。(Illustration by Tsuchika Nishimura)

Keita Mori|森敬太
京都府生まれ、デザイナー/アートディレクター。書籍、CDなどの装丁を多数手がけながら、2011年から自主制作漫画レーベル「ジオラマブックス」を主宰、漫画誌「ユースカ」を発行。2017年、合同会社飛ぶ教室を設立する。Instagram : @m_o0_ri