元刑事のポール・ホールズ氏と調査報道ジャーナリストのビリー・ジェンセン氏が手を組んで、2019年春にスタートしたポッドキャスト『The Murder Squad』。リスナーに捜査協力を呼びかけ、未解決事件の解決に一肌脱ごうという試みだ。1月13日の発表によると、ポッドキャストは初めて手柄を挙げたようだ。

リスナーの協力で、ポッドキャストは事件をジェームズ・カーティス・クラントン容疑者の逮捕へ導いた。元コロラド州住民のクラントン容疑者は、1980年に21歳のヘレン・プルジンスキさんを殺害した容疑がかけられている。

ポッドキャストの最新エピソードで、ホールズ氏とジェンセン氏は”ジェシー”とインタビューした。長年実録犯罪のファンだったジェシーは2019年4月、2人の呼びかけに応じてGEDmatchデータベースに自分のDNAを登録した。GEDmatchとはあらゆる機関のDNA結果をまとめたDNAデータベースで、警察当局も利用している。これを使えば、ユーザーの家系をより正確にたどることができる。

GEDmatchが世間の関心を集めるようになったのは2018年4月。1974年から1986年にかけて、カリフォルニアで少なくとも12件の殺人と50件の強姦、100件の強盗を働いたとみられる連続殺人鬼”ゴールデンステートキラー”の逮捕に使われたのがきっかけだった。74歳の元警察官ジョセフ・ディアンジェロ容疑者が逮捕され、70年代から80年代にカリフォルニア州6つの郡で行われた殺人13件とレイプ絡みの事件13件で現在裁判を控えている。罪状認否はまだ行われていない。

ホールズ氏はこの事件を90年代から追い続けていた。一方ジェンソン氏も、故ミシェル・マクナマラ氏とともに2018年の著書『Ill Be Gone in the Dark』に携わっていた。2人は市民探偵を募って未解決事件を解明できないかと、2019年にポッドキャストを立ち上げた。彼らにとって、今回の逮捕劇が初手柄となる。

「誰もがもう一歩前に踏み出して、何かいいことをしたいと思っているんです」と、ジェンセン氏はローリングストーン誌に語った。「こういう実録犯罪ブームが起きると、自分も加わりたい、なにか人助けしたいという人が出てきます。人助けという点では、これが一番いいやり方だと思いますよ」


DNAデータベースでできる「お手伝い」

遺伝子検査23andMeの結果をGEDmatchに登録した後、ジェシーは2019年6月に警察から連絡を受けた。彼女のDNAが1980年の事件の容疑者と三従兄弟レベルで一致したというのだ。警察から家族関係についてさらに詳しく質問を受けたジェシーは、両親にもDNAを登録してもらった――さらに念には念をと、丁寧に家系をたどっていった。

「DNAだとか、進捗状況だとか、実録犯罪にはずっと興味がありました」と彼女はポッドキャストで語った。「でもゴールデンステートキラーの一件で100%確信しました。これなら私もお手伝いできるって」。彼女はそれまで自分の家系に殺人鬼がいると疑ったことはなかったし、クラントン容疑者とは面識もなかった。

12月、ついに逮捕が行われた。62歳のジェームズ・カーティス・クラントン容疑者には強姦と暴行歴があった。『The Murder Squad』によれば、1975年に刃物で脅して強姦した事件で有罪を認め、懲役30年をくらった後、4年刑期を務めて仮釈放されていた。1980年のプルジンスキさんの事件では、第1級殺人罪および第2級誘拐罪で起訴された。

プルジンスキさんはジャーナリスト志望で、殺された当時はラジオ局で働いていた。1980年1月16日、仕事を終えた彼女はバスに乗って、デンバーのダウンタウンからColorado州のリトルトンへ向かい、そこからいつものように近くのイーグルウッド郊外に住む叔母の家まで徒歩で帰るつもりだった。10時30分になっても彼女が帰宅していなかったため、叔母が警察に通報。彼女の遺体は草むらで発見された。下半身はむき出しで、両手は後ろ手に縛られていた。性的暴行を受けたあと、背中を9回刺されていた。

加害者は精液を現場に残していたが、DNA検査がまだ登場していなかった1980年当時は何の役にも立たなかった。だがジェシーのDNA登録後、警察当局は当時フロリダ州に住んでいたクラントンがバーで使ったビールジョッキを入手。11月にDNA検査に照合したところ、陽性一致が見られた。12月16日、容疑者逮捕が発表。コロラド州へ身柄を移送した後、第1級殺人と第2級誘拐で起訴された。公判初日は2月。罪状認否はまだ行われていない。

「彼は40年間のうのうと暮らしていた。でも、テクノロジーとコミュニティがついに彼をとらえたのです」とジェンセン氏。クラントン容疑者の有罪はまだ確定していないため、結論を急いでいる感はあるかもしれない。

GEDmatchに関しては、ゴールデンステートキラー容疑者の逮捕以降プライバシーの懸念が持ち上がっている。GEDmatchは2019年5月に利用規約を改訂し、ユーザー本人の承諾がない限り、全120万人のユーザーのDNA情報を警察によるDNA照合対象から除外すると発表した。

それでもジェンセン氏は、データベースが有益な情報源だと信じて疑わない。「僕は1日に何度も遺族と話をする世界にいます」と彼は言う。「人が人の命を奪う。この世の中にこれほど最悪なことはありません。今のご時世、政府を信用するのは難しいですが、こうした情報が間違った人の手に決して渡らないと信じるしかありません」