まるで列車事故のようなインタビューだ。トランプ米大統領の経済顧問の1人が、アメリカには組織的人種差別は存在しないという過去の発言について質問を受けたが、自ら墓穴を掘る結果となった。

CNBCの番組『Closing Bell』の司会者サラ・エイセン氏は15日、ホワイトハウス国家経済会議のラリー・クドロー委員長に、組織的人種差別を否定した過去の発言について問いただした。

「あなたは以前、『アメリカに組織的人種差別が存在するとは思わない』とおっしゃいましたが、今の世情をふまえれば、驚愕の発言だと思います。経済データを見ても、COVID-19のあと社会格差は悪化の一途をたどっています。発言の意図を詳しくお聞かせいただけますか?」とエイセン氏。

だがクドロー委員長は発言を撤回するどころか、「アメリカの制度の本質は平等だ」と豪語した。

「私は、組織的人種差別があるとは思っていません。アメリカの制度は、人類史上に作られた中で最高の制度だと思います。我々は自由で、平等で、公正です。我が国は大いなる発展を遂げてきました」とクドロー氏。

その後もクドロー氏は「腐ったリンゴ」の常套句を引き合いに出し、人種差別問題をできるだけ抑えようとした。さらに人種に関する自らの見識の証拠として、白人有権者がバラク・オバマ前大統領を2回も支持した事実を述べた。

【動画】女性司会者のサラ・エイセン氏のツッコミを交わすクドロー委員長

「白人がオバマに投票した」から組織的人種差別は無いと主張する

「いいですか。オバマ前大統領、黒人初の大統領は7900万もの白人票を得て2度当選を果たしました。2回の選挙で7900万票ですよ。このことからも、私には組織的人種差別と呼ばれるものがよく理解出来ません」

クドロー氏は自らの意見を立証すべく、何世紀もかけてこの国で徐々に行われてきた人種問題にまつわる肯定的な動きについて語ったが、まくしたてる間サーグッド・マーシャル判事(アフリカ系アメリカ人初の最高裁判所判事)の名前がなかなか出てこないという場面もあった。

そして、組織的人種差別とはアメリカの制度がもともと悪いものであるかのようだが、実際はそのようなことはない、なぜならアメリカは過去の過ちから学び、変化を起こしているからだ、と語った。

「私が言いたいことはこうです。我々は過去から学ぶことができる。自らの過ちから学ぶことができる。歴史がそれを証明しています」とクドロー氏。「そして今、再び特定の過ちから学ぼうとしているのです。これは組織的な問題でしょうか? いいえ。組織的問題とは、アメリカが悪い、アメリカが間違っている、という意味です。私はそうは思いません。そんな風に考えたことは一度もありません」


司会者の反論に持論を展開

エイセン氏はここでアメリカの組織的人種差別の現状を裏付ける経済的データを持ち出し、ホワイトハウス経済顧問をやりこめた。

「アメリカが悪いという意味ではないと思います。ご自身もじっくり考えてみるべきではないでしょうか。白人1世帯の純資産が黒人1世帯の純資産の10倍も多い理由は何なのか」とエイセン氏。「あるいは、大卒の黒人世帯の収入が、高卒の白人世帯の収入にも届かないのはなぜなのか」

「こうした例はいくらでもあります」とエイセン氏は付け加えた。

それまで組織的人種差別の存在を否定し、その意味にひたすら反発してきたクドロー氏は、ここで驚くべき返答をした。「ここでいう組織的という意味が分かりかねます」

その後クドロー氏は全体的に守勢に転じ、「これは非常に複雑な問題です」と述べた後、COVID-19以前のマイノリティ層の雇用増加についていくつか主張を展開した。だがその後あらためて、言葉の意味は理解できないが存在は否定するとアピールした。

「ですから私は、組織的人種差別が何を意味するにせよ、存在するとは思いません」