MeolodyVRは、急成長中のライブストリーミング・エコシステムにおいてもっとも頭角を現している会社のひとつだ。新型コロナウイルスのパンデミック中も、同社はポスト・マローン、ジョン・レジェンド、カリードといったアーティストのライブを配信し続けた。そんなMeolodyVRが、Napsterを買収した。

音楽著作権侵害時代の土壌を育み、有料ストリーミングサービスの到来前に音楽業界をデジタル時代へと急き立てたNapsterがまたもや新時代に突入しようとしている。先月、VR(仮想現実)でのライブやコンサートのストリーミングが楽しめる音楽アプリ「MelodyVR」を運営するロンドンのMelodyVRは、7000万ドル(約74億円)でNapsterを運営するRhapsody International Inc.を電撃買収したことを発表した。今回の買収によってMelodyVRは、録音された音楽とライブストリーミングが融合した新たな音楽体験の創出に期待を寄せている。

「ライブイベントであれ、アルバムであれ、私たちが他とはまったく違うと思える音楽コンテンツを消費者に提供したい」とMelodyVRのアンソニー・マチェットCEOは本誌に語った。「私たちは、これらをひとつのプラットフォームに統合したいと考えています。アーティストのコンサートを配信したり、ライブストリーミングを行なったりするかたわら、オーディエンスにアルバムのプレイリストを提供する——これができたら本当に素晴らしいだろうと私たちはずっと前から思い描いていました。これは、私たちが提供するサービスのほんの一部です」。

MeolodyVRは、急成長中のライブストリーミング・エコシステムにおいてもっとも頭角を現している会社のひとつだ。新型コロナウイルスのパンデミック中もポスト・マローン、ジョン・レジェンド、カリードといったアーティストのライブを配信し続けた同社は、コロナ禍でイベントが開催できないアーティストや、イベントに参加できないファンのあいだでストリーミングの需要が急増する状況を目の当たりにしてきた。本誌の取材の際に同社は、昨年の同じ時期と比べてコロナ禍中は10倍の本数のコンサートを配信し、アプリのダウンロード件数は1000パーセント増加したと7月に語っていた。新型コロナウイルス感染症が爆発的に広まり始めて以来、同社は社会的距離に配慮したイベントを開催できるようにとアーティスト向けのパフォーマンススタジオをロサンゼルスとロンドンに開設した。


気軽に音楽を楽しむ人々にとってNapsterといえば、P2P音楽共有サービスを通じてユーザーの音楽著作権侵害を招き、物議を醸した暗い過去のイメージがいまだに根強い。だが、当時Napsterを運営していた会社は、もはや存在しない。メタリカやドクター・ドレーをはじめとするアーティストから提訴され、2000年代は身売りを繰り返した結果、Napsterは破産に追い込まれたのだ。2011年にはオンラインミュージックストア兼ストリーミングサービスを運営する米Rhapsodyと合併し、2016年にRhapsodyは同社の音楽配信サービス名をNapsterに改名した。

現在Napsterは300万人の有料会員を抱えており、企業向けのサービスを提供する一方で消費者向けのビジネスも行っている。世界最大手の音楽ストリーミングサービス会社であるSpotifyが3億人近いユーザーと1億3800万人という有料会員を抱えていることを踏まえると、ストリーミング市場におけるNapsterの会員数は比較的少ない。だが、Napsterという馴染みあるブランド名が有利なのも事実だ。Rhapsodyの親会社である米RealNetworksは、現在同社の株式の84パーセントを所有しているが、MelodyVRはこの買収を数カ月以内に完了させたいと考えている。

Napster買収によってMelodyVRはApple MusicとSpotifyが君臨する録音された音楽のストリーミング市場という激戦区に参入することになるわけだが、Spotifyでさえ安定した利益を生み出せない状況では、録音された音楽そのものが頼れる存在とは言い難い。それでもマチェット氏は、偏在している音楽ストリーミング会社をMelodyVRの直接的なライバルとみなしていない。なぜならMelodyVRは、まったく別の体験を提供するから。とはいってもマチェット氏は、Spotifyによる一連のポッドキャスト買収やAppleのラジオチャンネルのように、大手音楽ストリーミング会社が録音された音楽の枠を超えて多様化しつつあり、これによって同社の領域が侵害されるおそれがあることも理解している。

「歴史的に見て、録音された音楽を扱う大手ストリーミング会社は、コンテンツの製作者ではありません」とマチェット氏は語る。「レーベルからコンテンツを入手することは可能ですが、私たちのように新しいコンテンツを創ることはできません。彼らは、イベントの権利を手に入れるため、放送会社に大金を払うかもしれません。でも繰り返しますが、それは彼らのコンテンツではないのです。私たちは、ここに別の角度から切り込みます」。