Nothings Carved In Stoneは2018年に所属していた事務所を離れ、自らの事務所を立ち上げた。そんなDIYで動き出した矢先に襲ってきたコロナ禍。だが、バンドはポジティブに未来を見据えている。8月26日にセルフカバーアルバム『Futures』をリリースしたNothings Carved In Stoneの村松拓(Vo, Gt)生形真一(Gt)に独立から現在、そして未来を聞いた。

―まずは改めて事務所独立の経緯を教えてください。

村松:長い目で見て、もう一回地に足をつけて活動したくない?みたいな話をメンバー各々で考えていた期間が3年くらいあったよね?

生形:うん、各々で考えていましたね。ナッシングスを10年やってきて、やっぱり各々思うところがあったんです。今後のバンドとしての人生を考えた時にこのままでいいのか、それとも全部自分たちでやるのかっていうのをみんながなんとなく考えてて。それで2018年に10周年で武道館をやるのを区切りにして独立して自分たちでやってみようかってなったんです。

―事務所に属していることで行き詰まりを感じていたんですか?

生形:行き詰まりを感じていた部分もあるし、逆に独立して思ったのは、すごく守られていたんだなぁということですね。システムが出来上がったところにポンっと入っていったわけだから、何も考えずに俺らは制作してライブやってたし。それが独立したとたんにシステムから作らないといけなくて。だから最初はめちゃくちゃ大変でしたね。まずどうやってCDを流通させたらいいのかも正直わかんなかったですし。だからCDを売るのにどこの流通会社とやるか、まずそこから話したし。ポスコードとかそういうCDを売るために必要なものも、全然わからないし、スタッフもいないので自分で覚えなきゃいけなくて。っていうのをやってたのが2018年の年末から2019年の3月くらいまでです。だから独立当初はバタバタしてましたね。ただ、少ししてマネージャーが入ってきて引き継いだんです。でも最初は俺と、もう一人社長がいるんですけど、彼と2人でいろんな会社に行って、話を聞きました。もちろん、前の事務所に相談したし。別に仲違いしたわけじゃないんで。

―クリエイティブ以外の時間を割くっていうのはどうでした?

生形:やるしかないからと思って。でもすごくいい勉強になりましたよ。

―例えばどんな穫がありましたか?

生形:収穫としてはなんだろう?でも、それをやるっていうことに意味があるなと思いましたね。全部自分たちでやることは気持ちいいなと思います。責任も全部自分たちにくるし。ただ、制作とか直接音楽に関わることに関しては、そこはミュージシャンでいたいと思っていて。なのでスタジオもちゃんとしたとこを使わせてもらってます。削減しようと思ったらできるじゃないですか、今の時代。遠隔で曲も作れるし。だけどそこはちゃんとスタジオでやってます。どこに重点を置くべきかは忘れないようにやってきたつもりですし、そこだけは譲っちゃいけないところだなっていうのも改めてわかりました。


独立して一番変わったこととは?

―たっきゅんは独立に関してはどんな動きだったんですか?

村松:細かいことは真一に任せがちでしたね。知らない間に真一と社長とマネージャーのグループラインができてて、そこで話が進んでるっていう(笑)。でもそっちの方が手っ取り早かったんだと思うし。そういう細かい事務的なことは結局やってもらってるんですけど、ただ、俺たちは今自分たちだけでお金を稼いで、自分たちで回していて、それがすごく気持ちいいんですよね。一蓮托生の感じがバンドっぽいし。実は独立する前は俺と真一は事務所に所属していたけど、他のメンバー(日向 秀和と大喜多 崇規)は事務所に所属していないっていう状況だったんですよ。二人はフリーランスだった。なので、事務所からの扱いもメンバーごとに違ったし。このバンドを動かしていく意思決定の部分で各々バランスもとってたし、意地もあったし。そういうのが一回フラットになってバンドをやれてるのが本当に良いです。で、今ようやく全ての意味でバンドになれた感じです。それが本当にいい効果で、気楽だし、責任感もあるし、楽しめてます。

―独立して自らのレーベル「Silver Sun Records」も立ち上げ、そこから音源をリリースして来てるわけですが、何が変わりましたか?

生形:一番環境が変わったのはミュージシャンとしてですよね。好きなスタジオを使えるようになったから。今までは事務所にスタジオがあったので、事務所で雇ってるエンジニアさんがいて、俺らは10年間その人たちと事務所のスタジオでレコーディングしてたんです。独立してそれを選べるようになったのはすごくよかったですね。そして音も劇的に変わりました。

―勝手知ったるのもいいですけど、自分たちで選べるのは普通に考えていいことですよね。

生形:そうですね。多分そういうところでもみんなストレスがあったんですよね。いつも同じ人とやるとか、毎回同じ場所でやるっていう。アルバム9枚作ったから10年間で9回同じことを繰り返してたわけなので。

―たっきゅん的にはどうですか?

村松:やっぱり音が変わりましたよね。環境が一番大きな変化で、それは本当にメンバー全員が言ってますね。「Beginning」っていうシングルから新しい環境になったんですけど、本当に何もかも違いましたね。曲を作るのに、エンジニアさんが目指す音というか音作りの癖みたいなものってかなり影響があるし、その影響がナッシングスには結構強かった面もあったんです。ナッシングスのひとつのキャラクターになってたというか。それが変わって正反対の人と組んだんです。それでナッシングスが最近やりたかった音の作り方とか奥行きとか、そういうものに近づける感じだったから、そこはよかったなって思います。あと、そのエンジニアさんがわりとフランクになんでも言ってくれる人なんですよ。例えば『拓それ、もっとこっちの歌い方のほうがいいんじゃない?』とか『ギター、もっとこっちの音のほうがいいんじゃない?』とか、俯瞰したプロデューサー目線で、しかも同じものを見てレコーディングしていけるタイプの人で。それもすごくよかったですね。

―では独立して良いことづくめ?

村松:うん。だったと思います。


コロナ禍と配信ライブで感じたこと

―そんな中コロナ禍が襲ってきたわけですが、自粛期間中はどんな風に過ごしていましたか?

生形:自粛期間中は、事務所に行って曲作ったり、音楽聴いたりでした。なので、ライブがない以外は普段と変わらない感じでしたね。

村松:僕は家にプリプロができるような機材をたくさん買って、機材欲を満たしながら曲作ったりとかしてました。あとは、自分のことを見つめ直す期間だったかな。そういえば俺は釣り好きだったとか。いろいろ考えましたけど、結局コロナ禍でなんにもしてない人ってあんまりいないなと思うんですよ。だいたいみんな好きなことやってるんですよね。好きなものがわりと自分を計る尺度だなっていうのをみんな確認してるんだなって。そういうのをズームで飲みながら話したりしてましたね(笑)。

―ライブはどれくらい飛んだんですか?

生形:2月27日がライブで、26日くらいから世の中のライブがなくなっていったんですよ。前の日までやるかどうか決めかねて、結局やらなかったです。そこから次の対バンイベントが5本飛びましたね。その5本は来年に持ち越しました。

―ツアーが丸っと飛んだ感じではない?

生形:運がよかったのは、1月にツアーが終わったばかりだったんです。

―配信ライブはやりましたか?

生形:配信は6月に一回やりましたし、9月19日にまた配信ライブをやります。

―6月の配信ライブはどうでした?

生形:配信は楽しかったですよ。やる前はどうかなと思っていたんですけど、ナッシングスっぽさを考えた時に、お客さんがいないなら、ライブハウスでやるよりはスタジオでやった方がいいんじゃないかと思ったんです。お客さんいない前で『イエーイ!』とか、俺らそのへん作れないんで。できても、多分ぎこちなくなる。あとは音質的にもこだわりたかったんです。『echo』っていうアルバム出した時にスタジオライブを一回やったんですよ。その時のことを覚えていて、スタジオの方がいいんじゃないかってみんなで話して。で、レコーディングスタジオでスタジオライブをやりました。

―手応えはどうでしたか?

生形:終わった時に、ライブと同じくらい疲れていたから、ああ、この感じ久しぶりだと思って。だから達成感があったんですかね。

―なるほど。たっきゅんは?

村松:めちゃめちゃ楽しかったっす。リハの時点で楽しかったですからね。みんなで機材入れて、自分らでアンプをパチって入れて、いっせーので音出す。超楽しい、それだけで。

―客がいないというのは、マイナスではない?

村松:メンバー4人が配信ライブにGOサインを出した条件が、ライブハウスでやるじゃなかったんです。スタジオでクオリティをちゃんと担保して、映像作品に残せるくらいのものにしたいと4人とも思っていて。そこをクリアしていたんで、無理してライブするとかじゃなかったんです。だから、コロナでライブハウスも大変だろうから、ライブハウスで配信しましょうとか、俺たちにはそういうマテリアルはなかったんです。ライブをしたいということでやりました。

―配信という新しい表現手段を手にした感じですか?

生形:どうだろう。俺らの世代としては生を超えるものはないですから。生の衝撃にはまったく敵ってないですから。それはすごく感じますけどね。ただ、あとはオーディエンスが選べばいい問題だし。ライブにどうしても来たい人もたくさんいるだろうから。それはライブに1回行けばわかると思うんだけど。あの非現実感は、正直言っちゃうと配信では味わえないです。その日にあったこととか、全部を忘れられるじゃないですか。ライブハウスって。そこを拠り所にしている人もたくさんいるから。というのをどうしても考えてしまいますよね。ただ今はできないから、しょうがない。

―Borisは薬の服用量があるように、ライブだと思える音量が出せないなら、ライブではないと思っているから、配信は絶対やらないと言い切っていて。いろんな考え方がありますよね。

生形:音量ってのはすごいわかる。音量がデカいとやっぱり気持ちいいし。だけど、俺らの考え方は、音量が小さくても伝えられる自信があるから。ただ、やっぱりライブとはまったく別物として考えてます。

―ライブは今後どうなって行くと思いますか?

村松:考えても無駄だなとは思っています。散々考えましたけど、本当に元通りになるのって、来る側の気持ちが治った時じゃないですか。どんなにライブが好きな人でも、今だとまだ罪悪感あるし、なんか変な気持ちになりながらライブ見ることになるんだろうし。もしコロナに感染して、職場の人に移したらうちの会社ダメになる、みたいなそういう現実があるし。バンドが動いて、ライブで感染者増えていったら、音楽業界は自分で自分の首をしめることになるんじゃないかとか。そういう行ったり来たりのことはいっぱい考えました。でも、結局やりたいヤツが、やりたいかたちでライブをやるように、どっかで発信を始めて、発信を続けていかないとダメなんですよ。それってやりたいヤツの役目だと思うから。で、俺たちはやりたい側だから。だからどっかでちゃんと始めて、発信していかなきゃいけないなとは思っています。なのであれこれ考えるんじゃなくてタイミングを見失わないようにしなければいけないと思っています。


セルフカバーアルバム『Futures』の制作舞台裏

―さて、8月26日にセルフカバーアルバム『Futures』がリリースになりましたが、制作はいつから?

生形:3月からです。

―コロナで世の中が騒ぎだした頃ですね?

生形:そうですね。だからスケジュール的にも飛び飛びで制作しました。

―セルフカバーは誰の発案ですか?

生形:誰だったかな? 10枚アルバム作って、100曲以上あって、ベストを1回出しているんですよ。ただあのベストは俺らが出そうと思って出したものではなくて、事務所側からの提案があって、出したんです。俺らの中では自分たち主導では出していないという感覚に近くて。

村松:確かに。

生形:100曲以上の曲を作ってきたけど、今は全然やっていない曲もたくさんあるし、改めて全部の曲を見直して、セルフカバーアルバムを作ってみようってなったんです。あとは、オリジナルアルバムを10年間毎年1枚ずつ出していたんだけど、独立してからは、ちょっとペースを空けようという話になったんです。1年に1枚はもういいじゃん、10年やったから。とはいえ、3年とか空いちゃうと、ペースも落ちてしまうから、とりあえず、去年の9月に『By Your Side』を作って、次はセルフカバーを出してみようかって話になったんです。






「ライブをやっている中で育っていった曲を選んでます」

―選曲はどんな風に?

生形:みんなで決めました。みんなのやりたい曲ですね。

村松:ライブをやっている中で育っていった曲を選んでます。ただ、真一がよく言っているんですけど、リテイクのアルバムを作るためにアレンジしたバージョンを演奏するのって、あまりよくないねって。もともとのアレンジは、じゃあなんだったんだっていうか。今まで作ってきた楽曲のクオリティは、アレンジも自信があるもので出してきたので。でも、グルーブとタイミングとか、ライブで変わってきた部分とをパッケージしています。なので自ずと選曲もライブでやっている代表曲ばかりになっていきましたね。

―グルーブはすごく感じましたね。生形さん的に特に推しの曲はありますか?

生形:どれも良かったけど、最後に収録されている「BLUE SHADOW」っていう曲はファンの子たちはセルフカバーに入ると思っていなかったと思うんです。曲を決めていく時に、ばーっとやりたい曲を出して、代表曲はこれだよねって出していったら、アップテンポの曲ばっかりになっちゃって。さすがに何曲かゆったり目の曲も入れようよと、5、6曲候補を出して……「BLUE SHADOW」は最後に決まったんだよね?

村松:うん。

生形:最後の最後まで、「BLUE SHADOW」ともう1曲候補曲があったんですけど、拓ちゃんが「BLUE SHADOW」がいいって言って決まったんだけど、この1曲があるだけで、アルバムがすごくよくなりました。ベストっていう意味合いだけじゃなくなった気がするし。この曲が2枚目の最後に入っていることにもすごく意味があるような気がするし。バンド初の野音の本編の最後にやっていたので、ファンの子たちは意外だと思う反面、ああこの曲か、と思うんじゃないかな。選曲の中で、一番ポイントになっている曲かなと思います。あとは演奏もすごくうまくいきました。音色も気に入ってますね。


「根本的な部分」を曲で表現したい

―たっきゅんの推し曲は?

村:全部いいんですよね、マジで。ドラムの音も新しくなっているし、ベースの音もすごい幅が出ているし、ギターの音作りも今までとだいぶ違う方向性のアプローチが増えたので、おのおので好きな曲がいっぱいあるんです。でも、ギターでいったら、「Rendaman」ですかね。真一がファイヤーバードで、フロントでリフ弾いてるんですけど、今まであんまりそういうアプローチしなかった。

―コロナ禍があって言葉の届き方も変わかもしれないですが、歌入れの時にそういうことは意識しましたか?

村松:自分も同じ状況にいたので、影響があったのかなとは思うんですけどね。アルバムに入っている「Dream in the Dark」という新曲は、ちょうどコロナで2月27日のライブを飛ばして、3月の6日くらいにレコーディングしたんです。その歌詞が直前まで書き上がってなくて、まぁ多少影響があったのかもって気はするんですけど。でもこの新曲で伝えたいのは、根本的に自分がどうなりたいとか、自分がどうやって生きていきたいとか、何に影響を与えて、何から影響を受けて生きていたいかとか、そういうことなんです。コロナで生活が立ちいかなくなって、不安になっている人はたくさんいると思うんですけど、それでも自分の中身はきっと変わらないので、根本的な部分というものを楽曲でちゃんと表現できたらいいなとは思って書いた曲です。なので、コロナの歌ではないです。

―なるほど。

村松:すごい厳しい言い方をすれば、世の中の見方とか、自分の人生に対する考えとか、腹をくくって生きている人だったらコロナがあったからってジタバタしないと思うんですよ。それは本当にきつい状況に追い込まれている人もいると思いますよ。そういう人のことを悪く言うつもりもないし、上から見るつもりもないですけど、今、なんかあったからってジタバタするくらいだったら最初から腹くくってやってなかったお前が悪いじゃんって思うんですよ、僕は自分自身に。だからそういうつもりで歌詞を書きたいし、歌いたいし、こういう状況になっても、ちゃんと心の一番大事なところに、響く歌詞になっていてほしいなといつも考えていますね。


フェスがなかった夏

―アルバムのリリースとともに、2020年の夏が終わろうとしていますが、フェスがない夏はどうでしたか?

生形:正直なところ、俺は不思議と、「うわぁフェスがない、最悪だわ」とはなっていないかもしれない。むしろ、いつまでこのフェスブームが続くのかなと思ったりしてましたし。フェスって、俺らは、ありがたいことに呼んでもらえるけど、選ぶようにはしています。そのフェスに意味があるのかないのか。

村松:「THE SOLAR BUDOKAN」とかね。

生形:「THE SOLAR BUDOKAN」もそうだし、そういう意味があるフェスが残っていくんじゃないかなと思います。どうしたって、金のことを考えて始まったフェスは、なくなっちゃうんじゃないかなという気もするし。それが悪いというわけではなく、もっと先に何か信念みたいなものがないと、そういうフェスは残っていかないんじゃないかなという気がします。

―たっきゅんはどうですか?

村松:フェスって要はショーケースじゃないですか。そこに自分らで並んでいく、その覚悟みたいなものも常に俺たちは試されている側なんですよね。だから呼んでもらった以上は腹くくって一番いいライブしてやるぜっていうテンションで行くんですけど、どこに音楽を響かせていくんだろうっていう、考えなくてもいいことを考えるようになってきたんですよ。で、自然と『このフェスってなんでやってるんだろう』とも考えるようになってきました。だから『THE SOLAR BUDOKAN』っていうのがあって、めちゃくちゃわかりやすかったし、ライジングとかフジロックとか固有名詞をあげたらキリがないですけど、本当に中身のあるフェスに出たいなと思うようになってきましたね。ただ、音楽がある意味ってひとつじゃないと思うんですよ。ロックバンドが存在している理由って、やっている本人たちにはあるけど、それだけではないと思う。意味があろうがなかろうが、バンドマンが集まって、沢山のオーディエンスが集まって、みんな最高な気分になれましたって、俺は素晴らしいことだと思うので。その中で、自分たちがどこに意味を見出すかは、俺らは大切にしていたいとは思っています。


Nothings Carved In Stoneが描く未来像とは?

―最後に、アルバムタイトル『Futures』に関連して、お二人はどんなFuture=未来を描いていますか? 音楽業界でもバンドでも。

生形:こういう状況になって、俺らはどうしようかと話したら、やっぱり何をどう話しても前向きなんです、うちのバンドは。それがナッシングスのいいところだとずっと思っているんです。誰も悲観的な意見を言わないんですよ。俺が好きだったロックミュージシャンとか、好きな人たちってみんなそうで、俺はそういう音楽に助けられてきた。で、俺らは今何をするべきかっていったら、そういうことをするべきだと思います。俺らは前を見て今やれることをやるだけです。カッコ悪いこと言ってられないですよ、だって俺らより大変な人はたくさんいるから。飲食や医療の人は、俺らより絶対大変だし、そこで俺らが弱音吐いてたら、絶対人なんかついてこないってすごく思います。だからライブハウスもどんどん押さえて、ライブをやれるならやって、やれないんなら次っていうスタンスでやっています。

―それがFutureに繋がっていくと?

生形:そうですね。

―たっきゅんは?

村松:どんな未来が待っているかっていうのは想像するとすごく楽しいものだし、しかも今ってバーチャルとリアルの時代の転換期だと思うんですよ。だから一歩時代が進んで、いろんなことが、環境が変わっていくんじゃないかなって気が俺はしていて。だからそうなっていくと、多分自分たちがバンドをやっていて想像している以上に、生で音楽をやることの価値が高まると思っています。それに気がついている人たちだけが、きっと仲間になりえる。それを絶やしたくないと思うし、時代に流されず自分たちが信じているものをやり続ける。それが多分俺たちの未来だなと。

―誰が『Futures』 というタイトルをつけたんですか?

村松:何個か出して、みんなで決めたんです。

―過去のトラックなのに、未来ってすごく不思議だなと。

村松:意識がみんな一緒でした。過去の曲をただやっているだけじゃないって思って録ったんです。焼き直しでポコポコと録ったんじゃなかったというのもまず、伝えたかった。ちゃんとオリジナルアルバムを出すくらいのテンションで録っている。今のナッシングスのグルーブ、バンドのいい状態、新しく録り直したその音像です。一個一個本当に手を抜かずに気を使って作ったものだったから、過去の焼き直しってしたくなかった。だから、いろんな人に届いて欲しいです。


<INFORMATION>

Nothingʼs Carved In Stone Studio Live ”Futures”
日時:9/19(土) 開場 19:30 / 開演 20:00

チケット:2,500円(税込)
販売期間:8/26(水)18:00〜9/21(月)21:00
アーカイブ期間:9/21(月)23:59まで

▼販売URL
PIA LIVE STREAM:https://w.pia.jp/t/ncis-futures/
uP!!!:https://up.auone.jp/articles/id/81015

Please click here if you are purchasing from overseas.
http://w.pia.jp/a/ncis-PLSeng/

※”uP!!!"で視聴券ご購入の方に限り、auスマートパスプレミアム会員の方は上記価格より1000円引きでお求めいただけます。
※au以外をご利用の方でもご入会いただけます。(月額499円(税抜) / 初回30日間無料)

▼お問い合わせ
PIA LIVE STREAM:[TEL] 017-718-3572 / [MAIL] event@linkst.jp
※平日10:00-18:00、9/19(土)公演当日は朝10:00〜終演後1時間程度まで
uP!!!:https://up.auone.jp/contact

https://www.ncis.jp/news/456418/



『Futures』
Nothings Carved In Stone
Silver Sun Records/SPACE SHOWER MUSIC
発売中