米ローリングストーン誌が2020年の年間ベスト・アルバムTOP50を発表。テイラー・スウィフトのフォーク・サプライズからボブ・ディランによる過去20年の最高傑作を筆頭に、孤独な一年を乗り切る力となった作品の数々をランキング形式で振り返る。

「日々の暮らしは最悪だけど、素晴らしいレコードで乗り切った」という言い回しは近年ずっと当てはまるものだったかもしれない。しかし、2020年は特に音楽業界が大打撃を受けることになり、クラブは閉鎖され、ツアーもキャンセルされた。そこからやむを得ず内向きになり、深く耳を傾け、慰めを求める年となった。

私たちが今年のトップアルバムに選出したテイラー・スウィフト『Folklore』は、そういった感情を飾り気のないエレガントな親密さに反映させている。その一方で、ラン・ザ・ジュエルズからルシンダ・ウィリアムスは、2020年の爆発的な政治情勢を反映したアルバムを発表した。デュア・リパやジェシー・ウェアのダンス・ポップ、バッド・バニーによる広大なレゲトン、リル・ウージー・ヴァートの傑作ラップ・アルバムもパーティを擬似体験するような楽しいものだった。ケリー・リー・オーウェンス、サッカー・マミー、ビーチ・バニー、フォンテインズD.C.などの新鋭たちは、より良い未来への道を指し示していた。

50位 Bartees Strange『Live Forever』



49位 ジェフ・トゥイーディー『Love Is the King』



48位 Kareem Ali『G R O W T H』



47位 ルシンダ・ウィリアムス『Good Souls Better Angels』

【関連記事】ルーツロックの第一人者、ルシンダ・ウィリアムスの「怒り」が全米を震撼させた理由



46位 Boldy James and the Alchemist『The Price of Tea in China』



45位 AC/DC『POWER UP』

【関連記事】AC/DC独占インタビュー 復活までの道のり、マルコム・ヤングとの絆、永遠のロック魂



44位 クリス・ステイプルトン『Starting Over』



43位 Elizabeth Cook『Aftermath』



42位 X『ALPHABETLAND』



41位 Sad13『Haunted Painting』



40位 ポール・マッカートニー『McCartney III』

【関連記事】ポール・マッカートニー、最新アルバム『McCartney III』を12月リリース



39位 ビーバドゥービー『Fake It Flowers』

【関連記事】The 1975も魅了したオルタナ新世代、ビーバドゥービーが語る「はみ出し者」の音楽人生



38位 ケリー・リー・オーウェンス『Inner Song』



37位 サッカー・マミー『color theory』



36位 スティーヴン・マルクマス『Traditional Techniques』



35位 トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ『Got to Be Tough』



34位 ロウ・カット・コニー『Private Lives』



33位 フォンテインズD.C.『A Heros Death』



32位 ザ・ウィークエンド『After Hours』

【関連記事】TikTok経由で日本でも遂に爆発!21世紀のマイケル・ジャクソン=ザ・ウィークエンドを知るための20の事柄



31位 ヘイリー・ウィリアムス『Petals for Armor』



30位 フォー・テット『Sixteen Oceans』



29位 シャミール『Shamir』



28位 ジェイソン・イズベル・アンド・ザ・400・ユニット『Reunions』



27位 ミーガン・ジー・スタリオン『Good News』



26位 ジェニー・ベス『TO LOVE IS TO LIVE』

【関連記事】ボウイの死とサヴェージズを経て、ジェニー・ベスが到達した愛と暴力の境地



25位 ホールジー『Manic』

【関連記事】ホールジー、現代最高峰のポップクイーンを今こそ知る



24位 セレーナ・ゴメス『Rare』



23位 マイリー・サイラス『Plastic Hearts』



22位 アリアナ・グランデ『Positions』



21位 ビーチ・バニー『Honeymoon』



20位 アシュリー・マクブライド『Never Will』



19位 Chloe x Halle『Ungodly Hour』



18位 モーゼス・サムニー『Græ』



17位 フリート・フォクシーズ『Shore』

【関連記事】フリート・フォクシーズのロビンが語る「死」からの学び、コロナ禍に再発見した音楽の力



16位 BTS『Map of the Soul: 7』

【関連記事】BTS独占ロングインタビュー完全翻訳「世界にポジティブな影響を与えたい」



15位 Flo Milli『Ho, Why Is You Here?』



14位 ハイム『Women in Music Pt. III』

【関連記事】ハイムが語る、野心的なアルバムと確固たる自信「最高のロックを作るのは女性」



13位 シティ・ガールズ『City on Lock』



12位 ブルース・スプリングスティーン『Letter to You』

【関連記事】ブルース・スプリングスティーン最新ロングインタビュー



11位 レディー・ガガ『Chromatica』

【関連記事】ガガやアリアナの近作に貢献、無名のグラム・ロッカーがポップスの世界で成功できた理由



10位 フィービー・ブリジャーズ『Punisher』

【関連記事】フィービー・ブリジャーズが語る新境地、The 1975への共感、笑顔と涙のハーモニー



9位 ジェシー・ウェア『Whats Your Pleasure?』



8位 リル・ウージー・ヴァート『Eternal Atake』



7位 ワクサハッチー『Saint Cloud』



6位 ラン・ザ・ジュエルズ『RTJ4』

【関連記事】ラン・ザ・ジュエルズが語る「クソみたいな世界」への回答、前進のサウンドトラック



5位 デュア・リパ『Future Nostalgia』

【関連記事】ディスコはポップの未来を担うか?



4位 ボブ・ディラン『Rough and Rowdy Ways』

【関連記事】ボブ・ディラン最新語録「人の関心を集めたきゃセックス、政治、殺人に限る、それが問題だ」



3位 バッド・バニー『YHLQMDLG』



2位 フィオナ・アップル『Fetch the Bolt Cutters』

【関連記事】Chara、フィオナ・アップルを語る「このアルト・ヴォイスを聴きなさい」



1位 テイラー・スウィフト『Folklore』

【関連記事】『Folklore』を考察「殻を破り、悲痛さを露わにした最高傑作」




From Rolling Stone US.

Rolling Stone
The 50 Best Albums of 2020

1. Taylor Swift, ’Folklore’
2. Fiona Apple, ’Fetch the Bolt Cutters’
3. Bad Bunny, ’YHLQMDLG’
4. Bob Dylan, ’Rough and Rowdy Ways’
5. Dua Lipa, ’Future Nostalgia’
6. Run the Jewels, ’RTJ4’
7. Waxahatchee, ’Saint Cloud’
8. Lil Uzi Vert, ’Eternal Atake’
9. Jessie Ware, ’Whats Your Pleasure?’
10. Phoebe Bridgers, ’Punisher’

11. Lady Gaga, ’Chromatica’
12. Bruce Springsteen, ’Letter to You’
13. City Girls, ’City on Lock’
14. Haim, ’Women in Music Pt. III’
15. Flo Milli, ’Ho, Why Is You Here?’
16. BTS, ’Map of the Soul: 7’
17. Fleet Foxes, ’Shore’
18. Moses Sumney, ’Græ’
19. Chloe x Halle, ’Ungodly Hour’
20. Ashley McBryde, ’Never Will’

21. Beach Bunny, ’Honeymoon’
22. Ariana Grande, ’Positions’
23. Miley Cyrus, ’Plastic Hearts’
24. Selena Gomez, ’Rare’
25. Halsey, ’Manic’
26. Jehnny Beth, ’To Love Is to Live’
27. Megan Thee Stallion, ’Good News’
28. Jason Isbell and the 400 Unit, ’Reunions’
29. Shamir, ’Shamir’
30. Four Tet, ’Sixteen Oceans’

31. Hayley Williams, ’Petals for Armor’
32. The Weeknd, ’After Hours’
33. Fontaines D.C., ’A Hero’s Death’
34. Low Cut Connie, ’Private Lives’
35. Toots and the Maytals, ’Got to Be Tough’
36. Stephen Malkmus, ’Traditional Techniques’
37. Soccer Mommy, ’Color Theory’
38. Kelly Lee Owens, ’Inner Song’
39. Beabadoobee, ’Fake It Flowers’
40. Paul McCartney, ’McCartney III’

41. Sad13, ’Haunted Painting’
42. X, ’Alphabetland’
43. Elizabeth Cook, ’Aftermath’
44. Chris Stapleton, ’Starting Over’
45. AC/DC, ’Power Up’
46. Boldy James and the Alchemist, ’The Price of Tea in China’
47. Lucinda Williams, ’Good Souls Better Angels’
48. Kareem Ali, ’Growth’
49. Jeff Tweedy, ’Love Is the King’
50. Bartees Strange, ’Live Forever’