2021年1月20日夜に全米で放映された、ジョー・バイデン氏の米大統領就任を記念する特別TV番組「セレブレーティング・アメリカ」。オープニングにブルース・スプリングスティーンが登場し「Land Of Hope And Dreams」(「希望と夢の国」)を披露した。

【動画を見る】ブルース・スプリングスティーンが歌った「希望と夢の国」

番組はワシントンのリンカーン記念堂に立つスプリングスティーンの姿で幕開け。彼は”アメリカはこうあるべきだ”というメッセージを込めた「Land Of Hope And Dreams」を歌った。スプリングスティーンは出演後、自身のTwitterで歌詞の一節を引用してこう投稿している。

Leave behind your sorrows
Let this day be the last
Tomorrow therell be sunshine
And all this darkness past
Big wheels roll through fields where sunlight streams
Meet me in a land of hope and dreams pic.twitter.com/c8HkmsWdJx — Bruce Springsteen (@springsteen) January 21, 2021
(※日本語訳)
おまえの悲しみはここに残して行こう
過去とは今日が最後に区切りをつけよう
明日になれば太陽が輝き
闇はすべて過ぎ去っている
大きな車輪が進む
太陽の光射す草原を
さあ行こう 希望と夢の国へ

「Land Of Hope And Dreams」は1999年にEストリート・バンド再結成後、彼らのテーマ曲のようにブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのライブでずっと歌われ続けてきた曲。スタジオ・テイクは2012年のアルバム『レッキング・ボール』に収録されている。ジョー・バイデン氏は大統領選挙勝利後の11月7日に国民に向けて演説する際に、スプリングスティーンの「We Take Care Of Our Own」とともに登場。スプリングスティーンは2009年のオバマ大統領(当時)の就任記念コンサートにも出演していた。

「セレブレーティング・アメリカ」はトム・ハンクスが司会を務め、ほかにはジョン・ボン・ジョヴィ、ヨーヨー・マ、ジャスティン・ティンバーレイク、フー・ファイターズ、ジョン・レジェンド、ケイティ・ペリーなどが出演。こちらから視聴できる。

スプリングスティーンは2020年10月に最新アルバム『レター・トゥ・ユー』を発売。全世界11カ国で初登場1位を獲得している。

【関連記事】
●『レター・トゥ・ユー』を考察「自分の敗北を受け入れるロックンロールの救済」
●ブルース・スプリングスティーン最新インタビュー「音楽の力と米社会、亡き友との絆が遺した影響」
●ブルース・スプリングスティーンの名曲ベスト40選



ブルース・スプリングスティーン
『レター・トゥ・ユー』
ソニー・ミュージックジャパン インターナショナル
SICP-6359 2400円+税
発売中

日本公式:http://www.sonymusic.co.jp/artist/BruceSpringsteen/
日本公式Facebook:https://www.facebook.com/BruceSpringsteenJapan
アーティスト公式:https://brucespringsteen.net/