気候変動問題が危機として認識される今、フランスブランドのAIGLEとFAGUOが環境への配慮を掲げるカプセルコレクションを発表。

自然に寄りそいながら暮らしを愉しむ人へーー。1853年にフランスで生まれた「AIGLE」と、同じく2009年にフランスで設立された「FAGUO」が、 ファッションと環境に配慮したカプセルコレクションを発表した。同コレクションは、気候変動に対するアクションとして、再生素材を利用することで二酸化炭素排出がより少ないアイテムを提案し、またカーボンニュートラルを目指すため、アイテム製作1点ににつき仏国内に1本の植樹を行うという。このコレクションで使用されているコットンとラバーはすべて再生素材を採用。ポリエステルは、グローバルリサイクルスタンダード基準を満たした、ペットボトルから作られた再生素材を用いている。

どんな天候でも活躍する高い機能と耐久性を備え 、1853年から続くフレンチクラフトマンシップとともに洗練された美しいスタイルを提案し続けている「AIGLE」と、街でもアウトドアでも活躍する服を提案し続けている「FAGUO」。この2つのブランドがタッグを組み気候変動危機の時代だからこそ伝えたいメッセージを込めて作り上げたというコンセプチュアルなコレクションは必見だ。

>>関連記事:ビリー・アイリッシュ、新作MVで気候変動の危険性を訴える「時間がない」


ジャケット ¥29,000


バックパック ¥19,000

Tシャツ ¥9,000(UNISEX) / パンツ ¥20,000


ブーツ ¥21,000