ヒップホップ集団YENTOWN所属のkZmが、新曲「Aquarius Heaven」をデジタルリリースした。

楽曲「Aquarius Heaven」は、ASIAN KUNG-FU GENERATION の「ラストシーン」をサンプリングしたDJ DISKプロデュースの楽曲。kZmの疾走感あふれるラップが新たなムーブメントの胎動を予感させる。ジャケットのアートワークはハウス・ミュージックコレクティブのCYKでも活躍するDJのKotsuが手がけている。

関連記事:全米1位のラッパーが「音楽業界のスティーブ・ジョブス」を名乗る理由

また、kZmが楽曲配信と同時に公開したティーザー映像内で、今作はAtlantic Japanからリリースすることを発表。Atlantic Recordsは60年以上の歴史を持ち、Aretha Franklin、Led Zeppelin、Ed Sheeran、Bruno Mars等を輩出してきたアメリカに本拠地を持つ名門レーベルであり、Atlantic / Waner Music JapanからデビューするソロラッパーはkZmが初となる。



今回のkZmのAtlantic Japanからのリリースに際して、Warner Music International社長・Simon Robsonからコメントが届いている、

・コメント
Simon Robson / Warner Music International President

We‘re all super excited that kZm has signed with Atlantic Japan. Atlantic US has a great history with Hip-Hop music and what a great way to launch Atlantic Japan‘s move into Hip-Hop with such a talented artist as kZm. I‘m looking forward to building on kZm‘s success in Japan by helping grow his profile across Asia and globally.“

私たちは今回kZmがAtlantic Japanと契約した事を非常に喜ばしく思っています。米国のAtlanticは素晴らしいHip-Hopの歴史を持つレーベルであり、kZmのような非常に才能あるアーティストと共にAtlantic JapanがHip-Hopの世界に参入してゆける事は素晴らしいと思います。また日本での成功に留まらず、kZmと一緒にアジア、そして世界での活躍の場を広げてゆくことを楽しみにしています。


<リリース情報>



kZm
『Aquarius Heaven』

好評配信中
配信リンク:https://lnk.to/kZm_AquariusHeaven