過去5枚のアルバムで全米1位を獲得するなど、今なお影響力のあるMCの一人「DMX」ことラッパーのアール・シモンズが死去。現地時間9日、心臓発作を起こしてから1週間後の金曜日に、ニューヨーク州ホワイトプレーンズのホワイトプレーンズ病院で亡くなった。

【動画を見る】90年代後半から2000年代を彩ったDMXの代表曲

シモンズの家族は、彼の死について「深く悲しんでいる」と述べ、「ここ数日、生命維持装置につながれていたが、彼は家族に見守られながら亡くなりました」と付け加えました。「アールは最後まで戦い続けた戦士でした」と家族は声明で述べています。「彼は家族を心から愛し、私たちは彼と過ごした時間を大切にしています。アールの音楽は、世界中の数え切れないほどのファンにインスピレーションを与え、彼の象徴的なレガシーは永遠に生き続けるでしょう。私たちは、この非常に困難な時期に、たくさんの愛と支援をいただいたことに感謝しています。弟であり、父であり、叔父であり、そして世界がDMXとして知っていた人物を失った悲しみの中、私たちのプライバシーを尊重してください。追悼式については、詳細が決まり次第、お知らせします」

4月2日、シモンズは心臓発作で病院に緊急搬送された。緊急事態発生後30分間、脳から酸素が供給されなかったと言われており、ICUで危篤状態が続いていた彼を応援するために、家族や友人、ファンがホワイト・プレーンズ病院の外に集まり、祈りを捧げていた。その後、脳機能テストが行われ、9日に生命維持装置が取り外された。

近年は薬物中毒との闘いに悩まされてきたDMXだが、20年以上のキャリアを誇る彼は、メインストリームの舞台で最も成功したハードコア・ラッパーの一人であり、文化的に大きな影響を与えてきた。コアなオーディエンス以上の人々にも影響力を持ち、情熱的でパワフルなスタイルを持つアーティストでもあった。

90年代半ばの彼の躍進は、ヒップホップが商業化された世界的な現象とリンクしており、そのなかでもDMXはポップさとは対極にあるアグレッシヴさで人気を得た。彼はまた、Def Jamレーベルを活性化させ、ジェイ・Zのブレイクにも貢献。また俳優業にも挑み、『Belly』、『Romeo Must Die』、『Exit Wounds』などで役者としてのキャリアを築いた。


「心を守るためには、タフな男でなければならない」

筋骨隆々のストリートラッパーで、攻撃性を売り物にしていたDMXのペルソナは、ヒップホップの典型的な形であったが、彼のラップへのアプローチは、当時の他のスタイルとは一線を画していた。彼の声は説教師のような調子で上がり下がりし、ヴォーカルのトーンは表面に生々しさを漂わせていました。彼のリリックは、うなり声や吠え声で吐き出され、さらに独特なグルーヴ感を兼ね備えていた。

2012年、ケンドリック・ラマーはComplex誌に「トゥパックが亡くなって、空虚な感じがしたんだ。ゲームの中で何かが欠けていて、それを埋めるためにDMXが現れたんだ」と語っている。DMXが初めてアメリカのメインストリームに登場したとき、トゥパックの死から2年が経過しており、DMXの成功は人々の心の中にある切実な願望に後押しされたものでもあった。

その後、マーカス・リーブスが2008年に出版した『Somebody Scream!』で論じているように、DMXは「社会政治的なものから精神的なものへ」と独自の道を歩んだ。キリスト教のテーマは、トゥパックの作品よりもはるかにオープンに彼の作品に浸透していた。「人々は教会でしか聖霊を受け取れないと信じている」とDMXは1998年にVibeに語っている。「俺はステージ上でそれを得るんだ」。 しかし、彼の芸術に最も強力なエネルギーを与えたのは、彼がいかにして強さと弱さを親しみやすく調和させるかということだった。1999年のTotal Request LiveでMTVのカーソン・デイリーに語ったように、「最もタフな男は最も大きくて繊細なハートを持っている。心を守るためには、タフな男でなければならないんだ」



from Rolling Stone US