韓国のマスロックバンドDabdaが、2021年6月2日に1stアルバム『But, All The Shining Things Are』の日本盤をリリース。ボーナストラックとして収録される「Jungle Gym(feat. Takashi Kashikura)」のドキュメンタリー映像を公開した。

「Jungle Gym」はtoe、the HIATUSの柏倉隆史がドラム演奏で参加したコラボ曲。さらに柏倉のドラムレコーディングおよびトラックのミックス・マスタリングはtoeの美濃隆章が手掛けている。コロナ禍における国境を越えたリモートでのレコーディングの様子や楽曲制作の裏側などを収録した映像となっている。

関連記事:tricotが結成10年目で到達した新たなる高み、その構築美に迫る



また、ディスクユニオンではメンバーイラストステッカー、タワーレコードではメンバーフォト&ロゴ両面プリントカードがアルバムの購入者限定の先着特典として決定。ステッカーのメンバーイラストはイラストレーターのRay Kimura描き下ろしとなっている。

・柏倉隆史 (toe, the HIATUS) コメント:
僕が二十代に夢中になったポストロックという音楽が時を超え、次の世代と重なり合って、同じ音の中に存在している。国境すら超えて。こんなチャンスを与えてくれたDabdaに感謝そして日本デビュー盤おめでとう! 輝かしい未来がありますように! 감사!


<リリース情報>



Dabda
1stアルバム『But, All The Shining Things Are』

発売日:2021年6月2日(水)
フォーマット:CD
価格:2,300円(税抜)
レーベル:Tron Music
品番:TRON3
収録曲:
1. Light Comes Back
2. Summer Game
3. Journey
4. Playing Alone
5. Look of a Dream
6. Sway and Waver
7. Stars,
8. Piercing the Black Night
9. Polydream
10. Dull
-Japanese Bonus Track-
11. Jungle Gym (feat. Takashi Kashikura)