THE TREESが、2021年6月23日にデビューアルバム『Reading Flowers』をリリースする。

今作は、プロデューサーに菅原慎一(ex.シャムキャッツ)を迎え、、“花言葉“をテーマに制作したデビュー作。クリーン・トーンを基調にした爽やかなツイン・ギターのハーモニーと、リズム隊によるタイトな8ビートの疾走感を追求した全10曲が収録されている。アートワークには、フロントマン・有馬嵩将自らが描いた油絵も使用されている。

関連記事:THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?

また、同アルバムよりイノセントな感性をもった透明感あるボーカルと、まろやかなテープ・エコーのリバーブに包まれたバンド・アンサンブルが印象的な楽曲「Marron」の先行配信も開始した。加えて、レイラやPEOPLE 1のMV制作で注目を集める新進気鋭のクリエイティブ・ユニット・Studio KNBがディレクターを務めた、同曲のMVも公開された。



また、以下にプロデューサーの菅原慎一よりコメントが届いている。

・菅原慎一(ex.シャムキャッツ)
2020年という、バンドにとって一番合理的でなく、活動に不向きな一年を、なるべく楽しく、根気よく、丁寧にみんなで過ごした。曲作りや練習の合間にドライブをしたり、喫茶店へ行ったり、ハードオフ巡りをしたりしてセッションを重ねていく中でどんどん気付きが産まれ、グルーヴを増していくのを間近で見てきた。効率が悪くて面倒くさいけれど美しいのがバンドだ。その美しさとは、毎日のちょっとした奇跡の積み重ねを、人間的で有機的な繋がりをもってバンドサウンドへ昇華させることなのかなと思った。

まさに今、THE TREESは全ての真っ只中にいて、有馬くん、荏原くん、竹内さん、山本くん4人が、想像力を働かせて同時に音を鳴らすという奇跡が進行中なのだ。知らないうちに失ってしまうもの、どうやっても取り戻せないものが人生にはあるが、初めて彼らのライブを観たとき、そんな大切なことは何だったか、改めて教えてくれたような気がした。

完成したアルバムを聴いて、同じような気持ちになり、涙を流している自分がここにいる。


<リリース情報>



THE TREES
デビューアルバム『Reading Flowers』

発売日:2021年6月23日(水)
価格:2530円(税込)
=収録曲=
1. Clover
2. Edelweiß
3. Primula
4. Iberis
5. Marron
6. Lilac
7. Zinnia
8. Mimosa
9. Chloranthus
10. Coleus

<ライブ情報>

「Mitsudomoe」

2021年6月19日(土)下北沢BASEMENTBAR
時間:OPEN 16:30 / START 17:00
料金:ADV 2000円 / DOOR 2500円(+1D)
出演:
THE TREES
シャンモニカ
まん腹

「PUNCH!:
2021年6月29日(火)下北沢THREE
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:ADV2000円(ドリンク代込)※高校生以下無料
出演:
THE TREES
HELLO‘S
Pablo Haiku