ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードが、ローリングストーン誌「歴代最高の500曲」の投票に参加。メタル・ゴッドはどんな曲を選んだのか?

ロブ・ハルフォードは常々ポップカルチャーにおけるヘヴィメタルの存在を強調してきた。当然ながら、ローリングストーン誌の「歴代最高の500曲」最新バージョンに票を投じるにあたり、ファンの間で“メタル・ゴッド“と呼ばれる彼が選んだ10曲はほぼすべて鉄板のメタルソング。ハルフォードは250名以上のアーティストやジャーナリスト、業界関係者とともに、最新ランキング作成に協力してくれた。

彼は最近、ローリングストーン誌に選曲の内訳を打ち明け、オジー・オズボーン、ロニー・ジェイムス・ディオ、モーターヘッドのレミー・キルミスターなどを大絶賛した。彼が選んだ曲は、昨年ローリングストーン誌が「歴代最高のアルバム500選」を再編成した際に、彼がセレクトした10枚のお気に入りアルバムと重なる部分が多い。

彼が1位に選んだブラック・サバスの「Paranoid」に関して、ハルフォードは楽曲の開拓者精神を称賛した。「俺にとっては音楽業界を根本から変えた曲のひとつだ。ひとつのジャンル、ひとつの音楽スタイルを生み出し、それを発展させて世界を酔わせた」と本人。「『Paranoid』はいわば、世に送り込まれたヘヴィメタル・ロケットだった」

その他ハルフォードがお気に入りに選んだのは、スレイヤーの「Angel Of Death」、ディオの「Holy Diver」、メタリカの「Ride The Lightning」、モーターヘッドの「Ace Of Spades」など。唯一メタル以外で選んだのはデヴィッド・ボウイの「Space Oddity」だった。「イギリスのウルヴァーハンプトンで『ジギー・スターダスト』ツアーを見た。あまりの興奮に、ステージに上がって『ジギー・スターダスト』のアルバム全曲をやる彼の姿を今も覚えている」と本人。「これまで語った連中の中でもミュージシャンとしてのボウイは……本当に彼のような人物は他にはいない」

現在、ハルフォードとジューダス・プリーストは結成50周年を記念した全米ツアーの真っ最中。10月には、CD13枚分の未公開楽曲を収めた42枚組CDボックスセット『50 Heavy Metal Years Of Music』がリリースされる。

From Rolling Stone US.

ロブ・ハルフォードが選ぶ「歴代最高の10曲」

1. ブラック・サバス「Paranoid」
2. スレイヤー「Angel Of Death」
3. ディオ「Holy Diver」
4. メタリカ「Ride The Lightning」
5. モーターヘッド「Ace Of Spades」
6. オジー・オズボーン「Bark At The Moon」
7. パンテラ「Walk」
8. スコーピオンズ「Blackout」
9. レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Bulls On Parade」
10. デヴィッド・ボウイ「Space Oddity」

【関連記事】
ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高の500曲」
歴代最高のメタルアルバム100選
ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードが選ぶ、至高のメタル・アルバム10作
ロブ・ハルフォードが力説、ゲイをカミングアウトした経験から学んだこと