米テキサス州ヒューストンで現地時間5日、音楽フェス「アストロワールド・フェスティバル」で起こった死亡事故を受け、会場となったNRGパークには7日の日曜日、弔問者が多数集まった。現地の様子を紹介する。

トラヴィス・スコット主催の「アストロワールド・フェスティバル」はヒューストンのNRGパークで開催された。トラヴィス・スコットのステージ中に観客がステージ前に殺到し事故が発生。8人が死亡、数十人が負傷した。同会場を囲むフェンスには花束が手向けられた。フェンスに括りつけられている写真はマディソン・ダビンスキーさん(23歳)。亡くなった8人のフェスティバル参加者の1人であることが、地元メディアによって確認された。

・追悼の意を払う弔問者


追悼集会に足を運んだ人々は、会場前の歩道やフェンスに持参した花やキャンドル、風船、コンサートTシャツなどを手向けた。「海の底に沈んでいるみたいでした。海面は見えるけれど、そこまで泳ぎつけないんです」。フェスティバルに参加していた28歳のデマーカス・ブロックさんは、当時の客席についてローリングストーン誌にこう語った。

・トラヴィス・スコットのTシャツ


トラヴィス・スコットとマクドナルドのコラボレーションTシャツを着た追悼集会の参加者。フェスティバルに参加した人々は当時の様子を振り返り、スコットが登場する前から会場はカオス状態で、午前中物販ブースに並んでいた人の列はあっという間に乱れて大きな人だかりになった、とローリングストーン誌に語った。

【残りの写真を見る】犠牲者に向けた寄せ書き「弟はものすごく優しい人でした」

【関連記事】現代のロックスター的存在、トラヴィス・スコットの日常に密着

from Rolling Stone US