新潟出身在住・平均年齢20歳のロックンロール・パンクバンド、THE KING OF ROOKIE。そのライブパフォーマンスの激しさと説得力が全国各地で評判を呼んでいたが、ついに2022年1月12日に1stアルバム『THE KING OF ROOKIEから』をリリースする。

4人それぞれが主役とも言える個性的な出立ちと存在感が音の塊となって、ソーシャル・ディスタンスをものともせずに飛び越えてぶつかってくるような、彼らのライブの力をそのまま詰め込んだ、疾走感と激しさに溢れた作品となっている。今回Rolling Stone Japanでは、バンド結成の経緯から、それぞれのルーツ、レコーディングの裏側や作品に込められた思いなどについて、メンバー4人にインタビューを実施した。

関連記事:OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」



―このバンドの結成の経緯を教えていただけますか?

鈴木琳:自分とドラムは小学校から一緒で、中学の時に一緒にバンドをやろうって話をして、高校になって今とは違うバンドを組んだんです。その時にベースのいたバンドと対バンしたんですけど、じきにお互いのバンドがあんまり活動できなくなって。それで、自分とドラムとベースとで、3ピースでTHE KING OF ROOKIEを結成したんです。それからリードギターが欲しいなって話になって、弾き語りをやっていたヒロムを観て、バンドに誘ってこの4ピースの形になりました。

―バンド名がTHE BLUE HEARTSの『King Of Rookie』という曲からとられていますね。

鈴木琳:自分が最初バンドにのめり込んでいったきっかけはTHE BLUE HEARTSで。それから「こういうのやりたい!」とバンドメンバーを集めていったんです。バンド名を考えるときに「Rookie」って言葉や、歌詞にある「恐るべき未熟者」という言葉が良いよねって。年を取っても「KING OF ROOKIE」と言えてたらかっこいいなとも思います。

―THE BLUE HEARTSはみなさん共通したルーツなんですか?

全員:そんなこともないかな(笑)。

―ドラムのちゃんけんさんはライブやMVで「犬人間」と書かれたTシャツ着てらっしゃるけど、それはやはり銀杏BOYZが好きで?

ちゃんけん:そうですね。

ワシミリョウ:俺はGReeeeNが好きです。

ヒロム:僕は結構3人とは違っていて、最初音楽というかバンドを好きになったのは10-FEETで。高校に入るまでMステを観る程度にしか音楽には関心があまりなかったんですけど、バンドをやってた友達に誘われて新潟の「音楽と髭達」というライブイベントを観に行って、その時に10-FEET見て衝撃を受けたんです。そこからCrossfaithを聴くようになったりして。最近だとサンボマスターとか。



―では、今回のアルバムについてお伺いします。僕はこのアルバムを初めて聴いた時に「これはライブを観に行かなきゃいけないやつだ!」と思ったんですね。で、ライブのスケジュールを確認したら行ける日時のものがあったのですぐに観にいったんです。そのくらい良い意味でのライブ感と、このバンドのライブの良さを感じさせる作品だと思ったんですが、全曲一発録りで行われたということなんですね。

鈴木琳:元々一発録りしかしたことがなくって。銀杏BOYZのDVDを観てたら一発録りでやっていて、自分たちのバンドでもこういう方が良いんじゃないかと思いましたし、周りの人からもその方が合ってると言われて、今回はその方法を選びました。

―しかも2日間という短期間で全曲レコーディングしたんですよね。

ヒロム:1曲あたり2、3回だけ演奏したという感じです。

―その勢いがアルバムに反映されていると思いましたし、ライブの力があるからこそできたのだと思いました。他に聴いていて感じたのは、4人がそれぞれ目立っていることです。テクニカルに目立つというよりは、それぞれの個性や主張が音としてすごく届いてきます。実際ライブでも、もちろんフロントマンとしてのボーカルの存在というのはあるんですけど、4人全員目立っていてそれぞれに目と耳を持っていかれました。

鈴木琳:ライブでは「全員主人公」みたいな感じでやっているので、そういうところがこのアルバムでも出せたかなと思います。

―曲作りはどんな感じでやっているんですか。

鈴木琳:曲を作る時はPCとかじゃなくて、それぞれが弾き語りとかで作ってきたものを合わせて作るスタイルです。こういうのが自分たちには合っていると思いますし。今回のアルバムでは、基本自分が弾き語りで作ったものをみんなが聴いてスタジオで編曲していく感じです。

ヒロム:歌詞に関しては世界観がすごいから特に何か言ったり変えたりということはないですね。



―今回のアルバムのテーマはなんでしょう?

鈴木琳:今回のアルバムは、自分たちの中では激しめな曲を中心に入れていますね。1stアルバムなので、今までの勢いの集大成のような。あと「贅沢な毎日』という曲だけは配信でもリリースするんですけど、それには「今まで応援してくれてありがとう、これからもよろしくね」という気持ちがあって。アルバムを通じてそういう気持ちはありますね。

―ライブのMCでも「『ごめんなさい』じゃなくて『ありがとう』と言えたら良いね」と仰っていたのがとても印象的でした。このアルバムに収録されている曲には、結構ネガティブなことも抱えて、それをそのまま認めつつも違う力に変換していっているのを感じました。



鈴木琳:自分の根にある性格がそのまま出ていると思います。全然ネガティブなところもある人間なので(笑)。ネガティブなものを抱えたままポジティブなものに変換していくというか。それが素直に100%出ていたのが『贅沢な毎日』なのかなと思います。

―ちょっと話が変わりますが、今のライブやMVでの服装ってみなさんどうしてそういう感じになったんですか? 結構バラバラで個性的ですが。

鈴木琳:最初体操着というかジャージを着てきたのがベースで。

ワシミリョウ:動きやすいんで(笑)。

ちゃんけん:「犬人間」というのは銀杏BOYZももちろんあるんですけど、好きな女の子に2度くらい振られて「もう犬になるしかない」と思って、それが滲み出て(笑)。

鈴木琳:最初に「スーツかっけえ!」と思ったのはKING BROTHERSのマーヤさんを見てなんですけど、周りがジャージとかなので上裸にスーツだとかえって目立つかなと今のスタイルになりました(笑)。

ヒロム:僕は最初、客としてこのバンドを観てて、自分がいざこのバンドに入るとなった時に、ジャージと上裸スーツと首のところ切って「犬人間」と書いてあるTシャツの集団に、普通の見た目で入っていくわけにはいかないなと思って、どうしようかなと思ってワークマン行ってツナギを買いました(笑)。

―そういうそれぞれのあり方がアルバムにもライブにも反映されていると思います。それぞれがみんなバラバラで個性的で、でも4ピースとして成り立っているというところがとても魅力的だと思いますが、バラバラなのに、何が成り立たせているんでしょう?

ヒロム:なんとか成り立っている、という感じですね(笑)。

鈴木琳:それぞれが音楽を楽しんでいるというところがバラバラでも繋がっている理由かもしれないです。1人でも納得いってない奴がいると、ライブでも良い意味でのバラバラというのにはならないと思いますし。そこは大事にしています。



―ライブを大事にされているアーティストとしてこのコロナ禍はいかがですか?

鈴木琳:ライブがなくなってしまった時は我慢するしかなくて。緊急事態宣言などが開けてから、その反動で過去一番ライブやっているかもしれないです。今はまだライブハウスでライブ中に、基本ステージ上だけのパフォーマンスでお客さんの方に行ったりとかできないので、早くそれができるようになったら良いなという思いはありますね。

―今回のアルバムは「ライブの良さや大切さ」を思い出させてくれるという意味でも今の世の中にとても意義のある作品だと思いました。最後に、どんな人に、どんなふうに届いたらいいなと思いますか?

鈴木琳:自分の思考とか思想とかが作品に出るタイプなんですけど、聴いてくれる人たちの生活とも合うところがあると思うんです。そんな時にこの「KING OF ROOKIE」というバンドがいてよかったなと思ってもらえると嬉しいですね。あと同世代にも聴いてもらいたいですけど、それだけじゃなくて「ロックンロールおじさん」にも聴いてもらえたら嬉しいですね。飽きないアルバムだと思いますので、パンクとかロックンロールとか好きという人じゃなくても聴いてもらえると嬉しいです。あと、ジャケもとても良いので、ぜひCDを手にとって欲しいです。

ヒロム:「贅沢な毎日』だけ配信で、あとは配信もないので、ぜひCDを聴いていただいて、ライブにも来てもらいたいです。

ちゃんけん:CDを聴いていろんな人にライブに来てほしいです。みんなを圧倒するような、みんなの犬になれるようなライブをやります(笑)。

ワシミリョウ:……ないです。思いついたらあとでメンバーにLINEします。

ヒロム:それじゃ意味ないだろ(笑)。


<リリース情報>

THE KING OF ROOKIES
シングル『贅沢な毎日』

配信日:2021年12月15日(水)
配信ストアリンク
https://linkcloud.mu/1049d7e9 

THE KING OF ROOKIE Official Twitter:https://twitter.com/The_eeeeekie