Rolling Stone Japanでは昨年と一昨年と3年前に引き続き、プロインタビュアー・吉田豪氏に2021年のベストソングを挙げてもらった。

毎年、「ギャラ以上に手間がかかりすぎる」とボヤいてる気がするこの企画なんですが、なぜか今回は例年以上に時間がかかって選曲が全然終わらない! 着手してからすでに1週間以上経ってるけど、いい曲を10曲しか選べないってルールがそもそも間違ってるでしょ!……ということで編集サイドに何の連絡も入れないまま、あえてベスト20にしてみました(その結果、手間も倍に)。


1. 花譜×大森靖子「イマジナリーフレンド」

毎年のように大森さん関連楽曲が上位に食い込む、このランキング。2020年もボクがいちばん聴いたのは、大森さんによるバーチャル・シンガー花譜(世界が違うから全然知らなかったけど、現時点でTwitterのフォロワー数は18.4万人!)への提供曲でした。それを大森さんに伝えたら、ボクが行く予定だった大森さんソロツアーの最終日に練習して初披露してくれたりの展開にも発展。MVもよく出来てるんですけど、もしボクがキャスティングできるなら黒宮れい主演、雅雀り子ダンス担当にしてみたかった!



2. りあら「いちごタルトが食べたくて」

「showroomで人気を博すジュニアアイドルJC13歳。りあらのデビューシングル!」という帯文だけでは確実に一部の子供好き以外には引っ掛からなそうだけど、これが京都在住で民謡女子ハピネス組のメンバーでもある中学生が舌っ足らずな声で歌うフィリー・ソウルでビックリ。なんでこんなことになってるのかと思って楽曲担当のあちこさんのTwitterを見たら、プロフィールに「好きな音楽 モダンソウル、ノーザンソウル」と書いてあって納得しました。曲も声もすごい切ないのに歌詞が圧倒的にどうでもいいのも素晴らしい。



3. 折坂悠太「鶫」

なんで突然この曲を?……と、ボクがリリースタイミングではなくて年末になってTwitterに貼ったときにも聞かれたんですが、答えは簡単。カメラ163台、撮影403時間の密着によるドキュメンタリー『M-1グランプリ2021 アナザーストーリー』で、優勝した錦鯉が親に報告する場面で『ザ・ノンフィクション』での中孝介「サンサーラ」ばりに効果的に使われていたから。“あなたに知らせたい 共にいると“って歌詞が、もはやまさのりさんと渡辺さんの話にしか聞こえない!



4. 桐生ちあり「東京(2021 Remaster)」

永原真夏&工藤歩里(SEBASTIAN X)の楽曲を歌うSummer Rocketのメンバーとしてデビューし、卒業後はタカハシヒョウリ(オワリカラ)がサウンドプロデュースを担当するD‘yerMak‘er?(レッド・ツェッペリンの曲名が由来)のメンバーになり、そちらも脱退した桐生ちありソロ曲のリマスター版。自己肯定感が死ぬほど低くてグループではあまり前に出ようとしない人が、ソロになったことでとにかく歌が巧いし、声も魅力的なことが広く伝わるようになったと思います。MVも、Summer Rocketの同僚で、いまは映画の助監督をやっている東雲しなの(現・しののめしなの)が監督し、いまは女優をやっている愛わなびが主演したというのを踏まえて見ると歌の魅力も倍増するし、今度は肩の力を抜いてやっているre:miawとしての活動もいいしで、本人は「桐生ちありはオワコン」とか言ってるけど確実にこれからの人。



5. 長瀬五郎 feat. 畠山英莉「Still Be Shine」

最近弾き語りを始めたと思ったら、それがトッド・ラングレンとかフェアーグラウンド・アトラクションのカヴァーだったりで絶妙に中年を狙い撃ちにしてくる、彼女のサーブ&レシーブ改めカノサレのえりんこ=畠山英莉。その選曲をしている黒幕が元インスタントシトロンの長瀬五郎&松尾宗能。2人はカノサレに楽曲提供をしつつトワイライトセクション名義で彼女と一緒にライブもやっていて、インスタントシトロンのカヴァーもしているわけですよ。一応説明しておくと、インスタントシトロンの片岡知子さんは2020年に病気で亡くなって、長瀬五郎さんの実兄も同時期に亡くなって、自死遺族として長瀬さんはかなりのダメージを受けていたんですよね。それが2021年11月にカノサレ+トワイライトセクションとして20年ぶりの東京でライブをやって、それがまたとんでもなく良くて、会場も満員になって、長瀬さんが「楽しい!」「帰りたくない!」と連呼してて。そのとき会場限定で販売されたインスタントシトロンのカヴァーCD-Rも良すぎたから、配信なり通販なりで買えるようになればいいのになーと思ってます。

インスタント・シトロン「Still Be Shine 」2020年にカバーとしてCDに収録されました。カノサレ「kanosare 」聴いてください。#kanosare #片岡知子 https://t.co/wIuGsePfPI — 長瀬五郎 Goro Nagase 1/16秘密、1/22(土)渋谷サーカスlive (@muroreco) December 14, 2020

6. 里咲りさ「君は微炭酸」

ホリエモンやキングコング西野さんの本を愛読したり、家にあったそこらのレジ袋を高額販売したりの怪しい方向性(本人曰く、あれは価格も決めていない投げ銭システムだったから物販で売ったわけではないとのこと。無理あるよ!)が悪目立ちしすぎて、ちゃんといい曲を作れるし、歌声もすごくいいってことが全然伝わってこない里咲りさ。あまり話題になっていないニューシングルもやっぱり素晴らしかったのに、歌を聞かせた米に新曲のダウンロードコードを付けて販売している(米1合or10合、生写真、ダウンロードコードで2500円)ことばかりが話題になってるんですよね。これも本人曰く、SDGs的な意味で、同じCDを大量に買った人が持て余すよりも、米なら全部食べられて地球に優しい的な意味があるらしいんですけど。ちなみに、そのシングル収録の「君は微炭酸」にタイアップを付けようとしていろんな飲料メーカーに営業をかけて、唯一手応えがあったメーカーが強炭酸のドリンクしか出してなくて困ったりとか、そういうところもいちいち里咲りさでした。もちろんボクは「CM用に強炭酸ヴァージョンの歌詞も作れば問題なし」とアドバイス。



7. エレクトリックリボン「fallin‘rollin‘love」

ここ最近のアイドル界ではトップクラスでギラギラ&ガツガツしている室井ゆう。Perfume黎明期から活動しているエレクトリックリボンに加入するなり、自主運営に移行するとリーダーになって老舗グループを乗っ取り、音楽性も自分の好みにシフトさせつつ、フェスを主催すれば自分の好きな芸人やバンドも呼び、さらに自分の好みを丸出しにしたグデイというグループも結成(5曲入りCDを5枚同時発売した特殊なアルバムも良かった)。そっちのグループでも好きなバンドに楽曲を頼み、ジャケやMVに岡野陽一を起用したりと好き放題をやってるんですよ。なので、この曲もONIGAWARAによる完璧なポップソングなんですが、MVにはトンツカタン・森本晋太郎を起用する職権乱用ぶりを発揮してます。



8. ルアン「夢のParisまで連れてって」

ピチカートファイブとスパンクハッピーとアーバンギャルドの流れを受け継ぐ2人組男女ユニット・電影と少年CQ。ソロ活動もすごいことになっているゆっきゅん同様、ルアンちゃんのソロもいまのところ外れなしなんですよね。特にこの曲はいわゆるナイアガラサウンドで、サビ部分には80年代の資生堂やコーセーのCMソングっぽさもあったりして(ポータブル・ロックの「春して、恋して、見つめて、キスして」的な)、是非とも幅広い層に届いて欲しいのにサブスクにもなければMVもないという……。せめてライブ動画ぐらいは公開して欲しい!

電影と少年CQルアンちゃんのソロ曲「夢のParisまで連れてって」
作詞作曲アレンジミックスしております。

先日のお披露目のラスサビをチラ見せ。
このライブ、今夜まで限定公開してるようなのでぜひフルで!https://t.co/MaLgkvprn7 pic.twitter.com/lYP1GonrOo — タカユキカトー †kikato† (@takayukikato) July 7, 2021

9. 眉村ちあき「Individual」

最近はわかりやすく世間に届きそうなタイアップを取れる曲を作る努力をしていたけれど、いまでも異常な構成のどうかした曲はちゃんと作れると証明した曲。やっぱり、こういう曲をライブでやって楽しそうにしている眉村さんを観ているのがこっちも楽しいんだよなーと、やついフェスでこの曲をやる前にステージに上げられた人間としても思いました。いや、やっぱり天才ですよ。そして、こういう曲こそ公式で楽しそうなライブ動画をアップすればいいのに!



10. 木下百花「えっちなこと」

NMB48卒業後はガールズバンドを組んだり、ソロ活動を始めても百花名義になったりkinoshita名義になったりと迷いが見えた木下百花。それが、本名に戻った宮野弦士編曲の「ダンスナンバー」ぐらいから音楽的にも明らかに突き抜けたというか、優れた編曲家と組むことで自分の作曲&編曲スキルも上がったと思うんですよね。そして、奥田健介編曲のこの曲では、あえて首のタトゥーを丸見えにしながらアイドル時代から反発し続けてきた可愛い格好をした上で、昔から公言している「性的な行為が気持ち悪くて苦手」というデリケートなことを歌詞にして、それをポップに聴かせるというねじれた行為をパーフェクトにやりきっててすごいです。



11. それいゆ「海月のななり」

SOLEIL名義での活動も好評で今後さらに上のステージで活動することも決まってたっぽいのに、急に活動をやめた彼女。それが、平仮名のそれいゆ名義で、たんきゅんデモクラシー時代同様に郷拓郎楽曲を歌ってくれるという、それだけで文句なし! 学業もあるだろうから、のんびりしたペースで音楽活動を続けてくれたら嬉しいです。



12. サニーピース「全力!絶対!!カウントダウン!!!」

東京アイドルフェスティバルがローカルアイドルや地下アイドルも大量に出演するアイドルの祭典だった時代は終わり、いまは自分の身近な界隈のグループがほとんど呼ばれないイベントになっちゃったわけですが、前回のTIFで唯一、初見で衝撃を受けたのがこちら。アイドルアニメ『IDOLY PRIDE』企画で誕生した声優グループで、星見プロダクション名義の主題歌が清竜人作、エンディングテーマも沖井礼二作だから最初から気になってたんですが、サニーピースの曲は北川勝利やさかいゆうが手掛けていて、それをいい声の子が歌うなんて、そんなのいいに決まってるわけですよ。これももちろん楽曲担当はROUND TABLE・北川勝利。



13. 日向坂46 齊藤京子「死んじゃうくらい、抱きしめて。」

メンバーがショートムービーを作ってシングル付属のDVDとして発表する、坂道シリーズの個人PVという文化が好きなんですが、そのわかりやすい例が乃木坂46「君の名は希望」タイプAのDVDに収録された、伊藤万理華「まりっか‘17」だと思います。小林よしのり先生が「見てみたら、あまりの可愛さと、可愛さを超える創造性に 衝撃を受けた」「これはいかん! これは罪やろ? 罪の領域に達しとるやろ? つまり犯罪!」と大騒ぎした、こんなとんでもない名曲がCDにもならず、配信もされず、公式動画も削除されている現実! 日向坂46「君しか勝たん」の個人PVでも様々な名曲が誕生したんですが、中でも『キョコロヒー』でお馴染み齊藤京子のこの曲は、作詞/山崎あおい、作曲/宮野弦士。こういう座組でシングルも作ってくれればいいのにとも思う。



14. 阿佐ヶ谷姉妹「Neighborhood Story」

ドラマ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』エンディングテーマ。もともとタブレット純が手掛けた曲を出したりしていた阿佐ヶ谷姉妹が、阿佐ヶ谷でバーをやっていることでも知られるceroの高城晶平が作詞・作曲、王舟が編曲した曲を歌う! しかもMVはVIDEOTAPEMUSIC! 2人の圧倒的な歌唱力がクールな楽曲にハマりまくってて、これがサントラ発売によってサブスクでも聴けるようになって良かった!

※編注:Apple Music、iTunesでは配信中。そのほかのサブスクリプションサービスでは1月26日(水)から配信開始。



15. 和田彩花「ウルトラマン・ゼンブ」

小沢健二の「ウルトラマン・ゼンブ』のカヴァーを一斉公開する企画『ゼンブカバーチャレンジ』にあやちょが挑戦したことによって、小沢健二×元ハロプロという奇跡が実現! やっぱり小沢健二はいいメロディーを書くなーと思うと同時に、それでいて最近の和田彩花ソロの音にちゃんとなってて、すごくいいカヴァーだと思いました。



16. 南端まいな「しあわせモード」

「(ライブ後の特典会で)待ってるにゃあ!」でお馴染み、元アイドルネッサンスのメンバー。ソロ活動での音楽性もその透明感のある優しい歌声に似合う感じの曲調になってきて、このボサノバ曲なんて最適解だと思うんですよね。かつて同じグループにいた石野理子への思いを込めた「赤い公園『pray』を歌ってみた」も素晴らしくて、これからの音楽活動が楽しみになってきたところで、「ただ歌が大好きで歌いたいだけなのにね」とつぶやいたり、心配なツイート&ツイ消しの後、2021年11月には体調不良のためしばらく活動を休むと発表され、それっきりツイートもなくなっちゃったという……。本当にいい歌を歌える人だから、活動再開をいつまでも待ってるにゃあ!



17. ん・フェニ「FUNNY TATTOO SEAL」

元・BELLRING少女ハート〜MIGMA SHELTERのヨネコが手探りなソロ活動を始めたとき、プリミティブすぎる打ち込み曲はともかくギターで作った曲は偶然なのかアノラックサウンドみたいになってて、これは可能性あるかもなと思ったら、改名してここまでのクオリティの曲を作れるようになってビックリ。なぜかPEACH KELLI POPとか思い出したんですけど、できればこのまま海外のガレージロック的なシーンとも繋がっていって欲しい。



18. 寿々木ここね「キミとSweet Time」

これも最高なのにサブスクもMVも存在しない曲! SAKA-SAMAの寿々木ここねんが名盤『FEVER』に続いてどんな音源を出すのかと思ったら、あえてド直球のキラキラした地下アイドルソングを出してきたんですよね。でも、キャラに合っててこれはこれでいい!

昨日披露した ここねの新曲は、AN-Gさんに作って頂いたキラッキラのアイドルソング一緒に真似して踊ってくださいね!L・O・V・E

「キミ と Sweet Time」
作詞・作曲・編曲:AN-G @gacool
ギター:https://t.co/MivWMtJsMH
ベース:セキタヒロシ

振付:鈴木彩乃(カザミアエンターテイメント) pic.twitter.com/5doKxMg0Rp — SAKA-SAMA公式 (@sakasama_info) May 1, 2021

19. すぐイクよ出るよ「ヴァギナの純真」

前回に続いて、またもや高野政所&ドルショック竹下がランクイン! 今回は永田王とのユニット「すぐイクよ出るよ」名義による完成度が高すぎるPUFFYのエロ替え歌を、高野政所改めプロハンバーガーが魔改造! 本当にひどいんですけど、言葉の選び方が絶妙でなぜか感心しちゃうという。



20. 戦慄かなの「moreきゅん奴隷を歌ってみた」

姉妹ユニットfemme fataleもソロ活動も順調な戦慄かなのが、諸事情により音源化されなかったZOC時代のソロ曲をカヴァー! 作詞・作曲/大森靖子、編曲/サクライケンタ、歌/戦慄かなのという、いまでは実現困難な組み合わせの名曲がこうして歌われるのは素直に嬉しいし、やっぱりいい曲。



さらに列挙! 2021年の良かった曲とアルバム

他にも大量にある良かった曲を順不同でタイトルだけ並べてみます。ちなみに、早桜ニコ「さおてゃんだよ〜」はクマリデパート『セカデパ!』2枚購入特典のため一般発売もされていないし配信もされていないメンバーソロアルバム収録。入手のハードル高すぎるよ! 後藤まりこアコースティックviolence POPのMVには当たり前のようにボクも出てきますね。

【プレイリストを聞く】吉田豪が選ぶ2021年の年間ベストソング

---

早桜ニコ「さおてゃんだよ〜」

Kaede「サイクルズ」

恋汐りんご feat. Tkda黒ぶち「The One and Only」

文坂なの「愛わずらい」

アイドルプロジェクト・オンライン「一度も会ったことないのに好きだよって変かな」

ギュウ農フェス出演者有志「Arise -それぞれの場所へ-」

花澤香菜「magical mode」

電影と少年CQ「Nov. Ultra」

坂本真綾×小泉今日子「ひとつ屋根の下」

る鹿「遠い声」

鈴木蘭々「キリンジ『愛のcoda』歌ってみた」

最上もが×OKAMOTO‘S「やさしい世界」

後藤まりこアコースティックviolence POP「アイラブユーは止まらない」

佐々木喫茶 feat.頓知気さきな「恋のロケットランチャー」

水瀬伊織(釘宮理恵)「やさしい気持ち」

れいちも「愛の武器よ!」

link laze「Chewing Love」

川上きらら「Candy Sweetie Coat」

天野なつ「Super, Super, Hero」

でんぱ組.inc「プリンセスでんぱパワー!シャインオン!」

RYUTist「水硝子」

ねうちゃん「安全地帯」

春木百花「水曜日のアオ」

イヤホンズ「はじめまして」

十束おとは「捕まえて So To Heart」

Hy4_4yh「石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ」

jubuilee jubilee「虹色ガーランド」

Magic,Drums & Love「DANCEHALL! SUPREME! SHOOTING!」

ピューパ!!「Nichijo」

髙石あかり×伊澤彩織 feat. Daichi「らぐなろっく 〜ベイビーわるきゅーれ〜」

ねもぺろ from でんぱ組.inc feat. 清 竜人「ファーストキッスは竜人くん♡」

peanut butters「波乗りnammy」

私立恵比寿中学「なないろ / THE FIRST TAKE」

愛わなび「春の日」

渡辺美奈代「BIG LOVE」

福原遥 feat. OKAMOTO‘S「Lucky Days」

1009-thank you-「1009」

鹿乃さやか「White」

和田輪「鉄塔ダンスフロア」

加納エミリ「Steppin‘」

成宮アイコ feat. RAY「ひかりのファンファーレ」

あやたん「OYASUMI」

内山結愛「Y」

RAY「コハルヒ」

Juice=Juice「DOWN TOWN」

最高じぇねれーしょん「ロードソング」

I‘s「DON‘t COMMIT SUICIDE」

ゆるめるモ!「極東47の街」

ゆらぴこ「YOU ARE MY 44」

めろん畑a go go「RUN IDOLS RUN」

ポエトリープ「バッドエンド」

MAINAMIND「鬼でもない」

絵恋ちゃん「アーバンギャルド - インターネット葬 絵恋ちゃんが歌ってみた!」


アルバムは上の10枚が今年のベストで、以下は順不同。


NaNoNoRaL『ne temo same temo』



リルネード『Rirune! Rirune! Rirune!』



くぴぽ『絶対結婚しような!!!!』



桐生ちあり『日常』『生活』




ごいちー『恋してビャンビャン麺』



ドレスコーズ『バイエル』



グデイ『ディグ(YELLOW)』『ディグ(RED)』『ディグ(PINK)』『ディグ(PURPLE)』『ディグ(SKYBLUE)』







re:miaw『miaw』



FRUN FRIN FRIENDS『FRUN FRIN FRIENDS』



ジャックス『2nd Jacks Show, Jul. 24, 1968』




O‘CHAWAN‘S『DO THE RIGHT THING』

中島愛『green diary』

NO NO NO『NO NO NO』

ルカタマ『last mini album』

小日向由衣『世界が泣いてる』

GAUZE『言いたかねえけど目糞鼻糞』

謎ファイルとやま観光『アンソロジー1』

きみとバンド『きみとバンドの1』

DIALOGUE+『DIALOGUE+1』

おはようツインテール『綺羅星』

ステラシュガレット『君とサタデーナイト!』

fishbawl『主演』『客演』

和田彩花『私的礼讃』

スセンジーナ『わりとダメなFirst Stories』

EMERALD FOUR『天国から離れて』

WAY WAVE『VENUS STEP』

なんちゃらアイドルloves一色進&松田信男『M.A.M.I.』

大森靖子『PERSONA #1』


【関連記事】吉田豪が選ぶ年間ベストソング
2020年 / 2019年 / 2018年