「ツタロックDIG LIVE Vol.9-OASAKA-」が、2022年5月29日に心斎橋BIGCATにて開催される。

今、チェックしておきたい次世代のシーンの主役を集結させる「ツタロックDIG」。2021年に今まで以上に規模を大きくして開催した「ツタロックDIG LIVE Vol.8」に続き、2022年は初の大阪開催として心斎橋BIGCATにて「ツタロックDIG LIVE Vol.9」を開催する。Rolling Stone Japanでは、本イベントに出演する8組へのインタビューを敢行。それぞれのバンドの結成やイベントに対する意気込みを掲載していく。

関連記事:「ツタロックDIG LIVE Vol.8」2年振りの有観客開催、11組のバンドが魅せた圧倒的熱量

今回掲載するのは、2018年に結成された岡本優星(Vo.Gt.)、川原創馬(Ba.cho)、北出大洋(Dr)からなる3ピースバンド・ammo。2022年1月、2nd EP『灰汁とAct EP』をリリース、7月には自身初となるワンマン公演を予定している。今回はVo.Gtの岡本優星に、音楽のルーツや2nd EP制作の裏側、ライブに対する想いについてメールインタビューで話を訊いた。



ー結成、活動開始までの経緯を教えてください。

2018年の秋頃に、高校時代軽音楽部で一緒にバンドをしていたBa.川原と別の高校で1つ上の当時のドラマーと結成しました。曲がないとライブができないということで、手探りでオリジナル楽曲の制作を始めました。初ライブはその年の12月で、大阪のVARONというライブハウスです。

ーバンド名にはどんな意味や想いが込められていますか。

意味は特にありません。Ba。の川原が名付けたのですが、「字の並びがかわいいから」って言ってました。僕もそう思いました。

ー音楽のルーツや音楽以外のルーツをそれぞれ教えてください。

「バンドがしたい!」と思ったのが、Green Dayの「Basket Case」をYoutubeで観たときです。「自分の曲を作りたい!」って思ったのが、The Pillowsの「ストレンジ・カメレオン」を聴いた時です。 「バンドマンとして生きたい!」って思ったのがMy Hair is Badのライブを観た時です。音楽的な意味でも生き方的な意味でも、はっきりとキッカケになったポイントなのでこれが揺るがないルーツだと思っています。

ー2022年1月26日にリリースした2nd EP『灰汁とAct EP』の収録曲「CAUTION」はバンドとしての意思をストレートに感じました。この曲の生まれた背景、込めた想いをお聞かせください。

先ほど述べたルーツの話になるのですが、何年経っても忘れられないあの出会った瞬間の衝動に、今度は僕たちが誰かのそれになるんだ! って気持ちが〈身体に閃光猛スピード走る衝動 奏でていたいんだ〉の一文になっています。僕にしては珍しく歌詞とメロディーが同時に浮かんだので、気持ちい程ストレートに感じるのかなと思っています。

ー「不気味ちゃん」は歌詞から情景が浮かぶリアリティな世界観ですが、どんなことを意識した作品でしょう。

不気味にしようとして不思議にならないよう、とにかくバランスに気をつけて書きました。『灰汁とAct EP』やライブのセットリストの中で、イロモノじゃなく良いモノとしてアクセントとなる曲を目指した作品です。



ー2月から4月3日の渋谷CLUB QUATTROまで『灰汁とAct EP』リリースツアー「儚いツアー」を完走されましたが、各地での印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

今回のツアーからアンコールのMCでメンバーも混ぜてゆるいトークをしよう! ってなったんですけど、 全箇所見事にスベリ倒しました。慣れないことはするもんじゃないなと。でも、もっと練習します。

ー2021年は125本のライブを走り抜けられていました、2022年もライブ出演を精力的にされている印象ですが、この1年はどのような年にしたいですか?

相変わらずライブを沢山して、打ち上げもして、もっともっとカッコよく優しくなって、一個ずつ一歩ずつ上がって進んでいきたいです。

ー来る5月29日は心斎橋BIGCATにて「ツタロックDIG LIVE Vol.9 -OSAKA-」へご出演されます、 どのようなライブにしたいですか?

心斎橋BIGCATはわかりやすく憧れの場所なのでステージに立てることが嬉しいですし、いつもと違ったドキドキがあります。だからこそ見栄は張らず背伸びはせず、しっかり自分たちのライブをやります。

ー気になる共演者はいますか?

ハク。です。去年の「十代白書」でグランプリを取ったバンドなんですけど、その年の決勝大会を見に行ってたんです。でも都合で最後まで見れなくて。だからどんなライブをするバンドなのか個人的に気になっています。

ー今後について、何か計画していることがあれば教えてください。

特にないです、変わらず良い曲を作ってCDを出してツアーを回って沢山の人に知ってもらいたいです。よろしくお願いします。


<ライブ情報>

「ツタロックDIG LIVE Vol.9 -OSAKA-」

2022年5月29日(日)大阪・心斎橋BIGCAT
料金:4400円(全自由・入場整理番号付・ドリンク別・税込)
時間:OPEN 11:30 / START 12:00 / CLOSE 21:00※変更可能性あり
主催・企画制作:CCCミュージックラボ株式会社 / KYODO OSAKA
協力:Rolling Stone Japan 
【本公演の新型コロナウイルス感染拡大防止対策について】
ご来場のお客様に以下のご理解・ご協力をお願いさせていただきます。
・マスクの着用を必ずお願い致します。
・ご入場時に手指消毒、検温を実施致します。
・検温にて発熱(37.5°C以上)、体調不良が認められる方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。
・新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」への登録を予めお願い致します。
・ご来場時、入場口に掲出の“大阪コロナ追跡システム“への登録をお願い致します。
・場内において、お客様同士の密集は避け、適度な距離の確保を心がけていただきます様、
ご協力お願い致します。
・飛沫感染防止の為、大声での会話・声援は禁止とさせていただきます。
上記の事をお守りいただけない、周囲の方に迷惑となる行為を働かれる場合は、ほかのお客様の安全確保の為、ご退場いただく場合がございます。
出演アーティスト:
ammo / Ochunism / ケプラ / ドラマストア / ねぐせ。 / ハク。 / pachae / ヤユヨ / ユアネス

「ammo 単独公演〜真夏の閃光猛スピード走る衝動!〜」

2022年7月29日(金)大阪・心斎橋BIGCAT
料:3500円
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
https://eplus.jp/ammo/

<リリース情報>

ammo
2nd EP『灰汁とAct EP』

発売日:2022年1月26日(水)
価格:1540円(税込)
=収録曲=
1. CAUTION
2. それでも変われないでいる
3. 不気味ちゃん
4. (emoji)
5. ハニートースト

ammo 公式HP:https://ammoosaka.com/