miletが3曲入りの最新シングル「Walkin‘ In My Lane」を5月25日にCDリリースする。先行配信されている表題曲は、現在放送中のドラマ『やんごとなき一族』主題歌として話題沸騰中。この夏にデビュー3周年記念ライブ、フェス出演も控える彼女に話を訊いた。


―2ndアルバム『visions』がリリースされた2月以降を振り返ると、北京五輪の開催中は「Fly High」(NHKウィンタースポーツテーマソング)をよく耳にしました。歌っている側としても、あの時期はまた感じるものがあったのでは?

milet:そうですね。開催中はずっと流れていたので。それに、自分で歌うのとテレビで聴くのとでも違うんですよね。私としてはパッションを込めて歌うような感覚だったけど、アナウンサーさんたちが話す後ろで流れていると爽やかで抜けがよかったりして。「この曲うまくできてるな」って思いました(笑)。

―6月16日(木)開催の「オリンピックコンサート2022」にもゲスト出演するそうですね。

milet:北京五輪で活躍された日本代表選手もいらっしゃるコンサートで、私は「Fly High」などいくつかの曲を、オーケストラと一緒に歌わせていただきます。

―オーケストラとの共演、ぜひ見てみたいです。指揮を務めるのは中田延亮さん。

milet:「Fly High」はこれまで原田慶太楼さん(NHK交響楽団)、藤岡幸夫さん(札幌交響楽団)が指揮したオーケストラバージョンを歌ってきましたが、指揮者の解釈によってこんなにも曲が変わるんだなと。原田さんは物凄くエネルギッシュで、前に向かってテンポが加速していくような感じ。かたや藤岡さんは横にゆったり広がっていくようなイメージ。いろんな捉え方のできる曲なんだなって感心しました。中田さんの解釈も楽しみです。



―なんだかすっかり国民的シンガーソングライターですね。

milet:いやいや(笑)。そんな自覚はまったくないです。でも、CDショップに自分の作品が並んでいたりするのは純粋にに嬉しいですね。私のコーナーに立ち止まっている人がいたら近くに寄ってみたり、CD棚に欠けているところがあれば並べ直したり(笑)。

―いつもリリース時期になるとCDショップ巡りをしていますよね、お客さんとして。

milet:いろんなお店に行ってます、それぞれ特典も違うので。自分のポスターもしっかりもらって(笑)。そういう意味で、私は今も変わってないですね。スタジオの制作作業がやっぱり好きですし。

―制作といえば、リリースペースもデビュー当初から一貫してますよね。

milet:自分でもびっくりです(笑)。ついこの間アルバムを出したばかりなのに。



―新曲「Walkin‘ In My Lane」は、ドラマ『やんごとなき一族』の主題歌。応援ソングという紹介も見かけましたが、それこそ「Fly High」とは応援のニュアンスも違うのかなと。

milet:「Fly High」はストレートなエールソングでしたけど、「Walkin‘ In My Lane」は寄り添うようなイメージ。歩幅を合わせて、無理にテンションを上げようともせず、心地いい曲になったと思います。もちろん、ドラマに寄り添った歌でもあって、主人公の佐都(土屋太鳳が演じる篠原佐都)には共感するところも多く、この曲で応援したいという気持ちはありました。

―佐都は劇中で「壮絶な試練だらけの人生」を送るそうですが、もともとmiletさんの歌にも「人生は試練」というのがテーマのひとつとしてある気がします。

milet:そうですね、初期の「Again and Again」から何度でもやり直せると歌ってきたように。ただ、波乱万丈な人生をテーマに作るとなったとき、熱いテーマに熱い曲で返したらホットになりすぎる気がしたんです。実際、原作を読み進めるとヘヴィで生々しい展開もあったりして。だから、(自分の曲は)緩和剤みたいになればと、リラックスできそうな曲調を意識しました。ポップなサウンドにすることで、ドラマもより幅広い人に届くかなと思って。

「一人ぼっちの人生」を歌う理由

―miletさんの楽曲コメントに「幸せになりたいだけなのに、なんでこんなに孤独な気持ちになるんだろう」とありましたが、これまでのインタビューでも孤独について度々語っていますよね。なんでそんなに孤独な気持ちになるんですか?

milet:どれだけ上手くいっても今までいた場所を恋しく思うし、過去の自分に戻りたいと思う瞬間もあるし、失敗したら「あんなことやらなきゃよかった」と後悔したり。ないものねだりというか……満たされることってないんでしょうね(笑)。

―どう考えてもハッピーなのに不安を覚えてしまう、みたいな。

milet:そうそう、ふと一人になった瞬間とか。ライブでみんなと楽しんだあと、ホテルに戻ると「孤独だな」と思ったりして。でも、それは愛を知ったから、楽しい時間を過ごしたから感じるもので、嫌なものではないですよね。いろんな種類の孤独があるなって。

―「Walkin‘ In My Lane」にも、本当の孤独を知らないと思いつかなさそうな描写がありますね。“押し潰す恋しさを枕の裏に 眠れず“とか。

milet:そこは片想いしてるとき、アオハルな感じで「もー!」って枕に顔を埋める感じというか(笑)。もしくは付き合ってからも、うまく言葉で伝えられなくて……そういうときの虚しさとか恋しさを夜の枕で押し潰したり。キュンとなる恋愛模様も描かれるドラマなので、私も自分の人生をいろいろ振り返ってみました。

―“一人ぼっち同士 逆らってこうぜ“というくだりは、実にmiletさん的なパンチラインだと思いました。

milet:ははは(笑)。私の曲はどれも「人間って一人ぼっちだな」という気持ちが入っていますけど、特にこの曲では大きくて。誰か愛する人ができたとして、その人と歩む人生とは別に、私には私の人生、相手には相手の人生というふうに、それぞれのレーンがあると思うんです。

―それで「Walkin‘ In My Lane」というタイトルなんですね。

milet:そうなんです。だからこそ、私の人生は私らしく生きたいし、一人ぼっちの人間がくっついて二人になることを意識すれば、もっと相手のことを支えようと考えられる気がして。

―わかりあえないからこそ理解しようとする、みたいな。

milet:ずっと近くにいるからこそ、相手が一人の人間とは思えなくなるときってありますよね。例えば母親のことも「お母さん」と認識していて、「一人の女性」として意識することはそんなになかったりする。でも、「この人にはこの人の人生があるんだな」って考える時間も大切だと思うんですよね。

―この曲は弾けたビートも印象的です。

milet:明るいけどエモい曲にしようというイメージが念頭にあって、サウンドも構成もすごくシンプルですよね。ただ、トラック数はミニマムなんだけど、2番のAメロでサンプルの表情をアレンジしたり、いろいろバリエーションも作れたと思います。

―2曲目の「Love When I Cry」についてはどうでしょう?

milet:これはデビュー前に作った曲で……。

―これまでの作品でもデビュー前の曲を収録してきましたよね。まだストックがあるとは。

milet:そうなんです。(プロデューサーの)TomoLow君と出会った頃、たしか3つ目か4つ目に作ったはず。「Walkin‘ In My Lane」と3曲目の「My Dreams Are Made of Hell」でギャップがあるので、バランスを保つために「チルい曲がほしいな」と探していたときに存在を思い出しました。アレンジと歌詞を今回のために作り直して、そこからもっとよくなりましたね。

―「My Dreams Are Made of Hell」はファンお待ちかねの曲じゃないですか。こういうダークな曲調は久々ですよね。

milet:暗い曲は大好きでずっと歌いたかったけど、(最近の作品では)なかなか入れる隙がなくて。「なんか明るい曲ばっかりになっちゃった」と思ってたんです(笑)。あとは、クリスマスソングをずっと作りたかったんですよね。もともとライブの開場BGMでも、季節をとわずクリスマスソングを選ぶくらい好きで。今の時期も季節外れだけど作ろうかなって。

―タイトルに「Hell」と入ってますが。

milet:「私の夢は地獄でできている」……うわー、怖い(笑)。クリスマスといえばハッピーなイメージがあるけど、私は悪夢を見てうなされたことがあって。サンタさんではなくモンスターがやってきて、ずっとベッドの下に潜んでるという(笑)。よくないですか?

―ご健在で何よりです(笑)。途中でガラリと曲調が変わるのもいいですよね。

milet:この曲では「1番、2番」やサビを作らず、違う構成のパートをつなげることで、全体を通して一つのストーリーみたいにしたくて。ビートが入ってくる終盤の展開は、きっとみんな何度も聴きたくなるだろうから、あえて繰り返さないようにしようと。「Fire Arrow」「Dome」など、ダークな曲を一緒に作ってきたドック(プロデューサーのRyosuke“Dr.R“Sakai)からも「そろそろやろうよ!」と言われていたので、久々に作れてよかったし、これまでよりパワーアップしていると思います。

角野隼斗とクーラ・シェイカーへの想い

―個人的に聞きたかったのが、「THE FIRST TAKE」でのCateenこと角野隼斗さんとの共演について。実際やってみてどうでした?

milet:めちゃくちゃ楽しかったです! 「おもかげ」(Aimer、幾田りらとの共演曲)もそうですけど、誰かと一緒にやるのがとにかく大好きで。「THE FIRST TAKE」がいいのは、その瞬間の音を凝縮して記録できるところ。残念なのは、一度きりしか歌えないところ(笑)。何度でも歌いたくなるくらい楽しいんですよね。

特にCateen君は即興スタイルで、同じピアノを二度と弾かない人じゃないですか。リハーサルも何度かやったけど、そのたびにピアノが全然違う(笑)。違う人じゃないかってくらいピアノの音が変わっていくんですよ。しかも、すごく楽しそうに弾いていて、あの表情を見ると「たまんないなー」と思いますね。

あとは、お互いテンションを高め合えたのも嬉しかったです。普通のピアニストだったら「伴奏」として合わせるところを、Cateen君は自分のピアノも「主役」としてガンガンにアゲてくれたので、私も滾(たぎ)っちゃって、いい意味でぶつかり合えたコラボだったと思います。

―クラシック大好きなmiletさんから見ても、やっぱり角野さんは凄いんですね。

milet:誰の目から見ても凄いですよね(笑)。クラシックにも精通しつつ、ジャズとかいろんな音楽を通っていて、ポップスの解釈も幅広いですし。昨年の紅白にも参加していたり、かと思えばミュージックステーションでも弾いていて。「ここにもCateen君がいる!」みたいな(笑)。人柄も楽しくてリラックスさせてくれるので、一緒にできてよかったです。




―自身2度目の全国ホールツアー「milet live tour“visions“2022」も、4月26日の愛知公演で無事閉幕。そちらはいかがでしたか?

milet:ものすごく楽しかったです! 今回はお客さんにも100パーセントのキャパで参加してもらえましたし、自分にとって特別な作品になった『visions』の曲をたくさん歌えたのも嬉しくて。演出も好きだしセットリストも気に入っていたので、もっと回りたかったくらいです。

―このあと7月20日(水)にはデビュー3周年記念ライブ「milet 3rd anniversary live “INTO THE MIRROR“」も控えてますし、8月のサマーソニック出演もmiletさんにとって大事件ですよね。

milet:(両手で机を叩いて)そうなんですよ! しかも同じ日、同じステージなんですよ!

―ずっと好きだと公言してきたクーラ・シェイカーと一緒に出るという。

milet:どうしよう、同じ日に名前が並んでるだけで本当に嬉しくて。

どっちもKula Shakerと同じ日…。
これは夢? https://t.co/vxR3mXrzNh — milet(ミレイ) (@milet_music) April 12, 2022
―2016年に初めてフジロックに行ったのも、クーラ・シェイカー目当てだったと以前話してましたよね。

milet:そうそう、最新アルバムの『K2.0』が出た頃で、そのあとのツアー(同年11月開催)も東京2公演に行きました。自分がこんなにはしゃぎまくる人間になれるとは……檻から逃げてきた猿みたいに、(最前列の)柵をガタガタ揺らしたりして(笑)。

『K』(1996年)を発表した頃のパフォーマンスも動画で観てましたけど、生のライブは当時と遜色なかったし、むしろ熟練した技術や色気すら感じられて。若手のロックバンドがガッと盛り上がろうとするところを、クーラ・シェイカーは大人の余裕を見せつけてくるんですよ。そこもたまらなくて。



―また一つ夢が叶いそうですね。

milet:サマソニ出演が決まったときは、口がポカーンと開いてしまいましたね。同じフェスの出演……命日だなって。

―死なないでください(笑)。

milet:でも本当に、くるりの岸田さんとお会いできたのもそうですけど、夢が叶っていくスピードがあまりにも早すぎて。怖くなっちゃいますね。

―本人たちに会えたら、どんなことを話したいですか?

milet:いやいや、憧れの人と喋れるわけないじゃないですか! 岸田さんの声を聞いたときも号泣したのに(笑)。こればっかりは遠くから見守るだけでいいんです。それかファンとして、一緒に写真を撮ってもらえたら嬉しいですね。ピースしたい。



milet
「Walkin‘ In My Lane」
2022年5月25日発売
[初回生産限定盤A] CD+Blu-ray
[初回生産限定盤B] CD+DVD
[通常盤] CD

<Blu-ray・DVD収録内容 ※初回盤A・B共通>
「milet 1st tour SEVENTH HEAVEN」ライブ映像収録

CD予約:https://milet.lnk.to/0525SG
先行配信:https://milet.lnk.to/JZSyHj


milet 3rd anniversary live “INTO THE MIRROR“
2022年7月20日(水)東京ガーデンシアター
詳細:https://www.milet.jp/live/

オリンピックコンサート2022
2022年6月16日(木)東京国際フォーラム ホールA
詳細:https://www.harmonyjapan.com/joc2022/

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022
2022年8月6日(土)・7日(日)・11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)千葉市蘇我スポーツ公園
※miletは8月7日(日)に出演
詳細:https://rijfes.jp/

SUMMER SONIC 2022
2022年8月20日(土)、21日(日)
東京・ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
※miletは8月20日(土)大阪、21日(日)東京に出演
詳細:https://www.summersonic.com/