安田レイの新曲「風の中」が読売テレビ・日本テレビ系で放送中のTVアニメ「ラブオールプレー」の第2クールエンディングテーマに決定した。

疾走感溢れるリズムとリフレインが、80’sリバイバルの潮流にも繋がるTHE CHARM PARKによるサウンドメイキング、アニメの世界観と、自身の学生時代の経験を重ねて書き下ろされた歌詞は、安田レイによる書き下ろし曲となっており、透明感のある安田の歌声が瑞々しく響くサマーアンセムとなっている。

関連記事:矢沢永吉と今市隆二のW表紙、RSJ次号でフジロック・サマソニ大特集

同楽曲は、TVアニメ「ラブオールプレー」のエンディングテーマとして7月9日からオンエアとなる。

■安田レイ楽曲コメント
今回、「ラブオールプレー」のエンディングテーマとして「風の中」を書き下ろしさせていただきました。原作の小説を読んでから歌詞を書き始めたのですが、学生の頃やっていた部活動のことを久しぶりにじっくり思い出しました。
私はダンス部だったんですが、仲間がいたからこそヘトヘトになるまで練習ができたし、汗だくのまま歩く帰り道の風がなんだか好きだったんですよね。
"あ、これ青春っぽい"って考えながらよく歩いていました。笑 
そんな"風"がこの曲のキーワードになっています。
繰り返す日々の中で、何かを続ける理由がボヤけてしまう時って学生の時に限らずあると思うんですけど、
実は身近な所に大事なヒントや答えはあると思うんですよね。それを今回〝風“で例えてみました。
今吹いている風の中で見つけられなかったら、自分で風を起こして“答え“を探せばいい。そんな想いを込めてこの曲を作りました。


<リリース情報>

安田レイ
「風の中」
7月23日配信リリース 
8月24日CDリリース