さる6月25日の土曜日、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が英グラストンベリー・フェスティバルに出演。フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ブルース・スプリングスティーンと共演し、故ジョン・レノンとのバーチャル・デュエットまで果たした。貴重な現地レポートをお届けする。

【動画を見る】公式ライブ映像で歴史的共演をプレイバック

グラストンベリーの50年に及ぶ歴史を振り返っても、最高の瞬間のひとつになったのは間違いない。地球上で最も有名で影響力のある現役ソングライターのポール・マッカートニーが、ピラミッド・ステージで共演すべくデイヴ・グロールとブルース・スプリングスティーンを呼び寄せた。

信じられないような瞬間であることは間違いない。ただ、期待どおりだったともいえるだろう。なにせ彼は現存するビートルズの一員なのだから、誰かの力を引き出したり、助けを求めたりするのはたやすいことだろう。

セットの幕開けを飾ったのも、まさしくビートルズの楽曲だった。「Can‘t Buy Me Love」の爆発的な演奏は、ピラミッド・ステージの観客を、絶頂期のビートルマニアに匹敵するような熱狂へと巻き込んでいく。

ポールはその後も、ファブ・フォーとウイングスのヒット曲を次々と披露。土曜夜のグラストンベリーを盛り上げる雰囲気をしっかりと作り上げていく。この曲は、ようやく時代が彼の声に追いついたというべき名曲「Blackbird」を演奏すると、柔らかな空気が流れだす。

この曲のあと、ディープカットや新曲が少し演奏されたことで、セットが中弛みのようになったのは否めない。ポールはビートルズのヒット曲を演奏するとき、オーディエンスが構える携帯電話のカメラを「銀河の星々」みたいだとジョークを飛ばしたが、あまり知られていない曲をあえて演奏すると「ブラックホール」が現れるとこぼしていた。

そういった非有名曲のなかでも「My Valentine」はこの日唯一の失敗だった。ポールの背後にあるスクリーンに、ジョニー・デップ主演のミュージックビデオを映すという奇妙な演出が施されていたが、ここは飛ばすのが賢明な選択だったと思う。

しかしそこから、「Ob-La-Di, Ob-La-Da」の奇妙なチャーム、「Get Back」の轟音グルーヴとヒット曲が続き、「I Saw Her Standing There」でデイヴ・グロールが登場すると、お祭りムードが一気に戻ってくる。

今年3月にテイラー・ホーキンスを亡くして以来、初めて公の場に姿を現したデイヴの登場は、今年のグラストンベリーで最も感動的な瞬間のひとつとなりました。彼は当然ながら緊張していたが、ウイングスの「Band On The Run」を演奏すると、パフォーマンスの勘を取り戻したようだった。彼が再びステージに戻ってきたのを見るのは、本当に喜ばしいことだ。

そして、アメリカ東海岸からは、ブルース・スプリングスティーンが登場する。グラストンベリー史上、最もスターが集まった瞬間のひとつといえるだろう。ボスはポールと一緒に自身の「Glory Days」を歌い、その後にファブ・フォーの「I Wanna Be Your Man」を歌い上げる。

そして、「Hey Jude」「Let It Be」の必然的な演奏、「Live And Let Die」の花火のようなパフォーマンスでメインセットを締めくくる。アンコールでは、『ザ・ビートルズ:Get Back』のピーター・ジャクソン監督によるデジタル・トリックを利用して、ポールが故ジョン・レノンと再会したかのように「I‘ve Got A Feeling」をデュエット。これは並大抵のことではないだろう。

ボスとデイヴは再び観客に挨拶に現れ、後者は手に彫ったばかりのテイラー・ホーキンスに捧げたタトゥーを誇らしげに披露する。3人の大物がグラストンベリー史上最高のセットの最後を飾るために一堂に会す。パーフェクトな人生の祝典だった。その場に立ち会えたことを光栄に思う。

From Rolling Stone UK.



ポール・マッカートニー『McCartney I II III Box Set』
発売日:2022年8月5日
価格:7,700円(税込)

ポール・マッカートニーによるソロ3部作(1970年発売『McCartney』、1980年発売『McCartney II』、2020年発売『McCartney III』)がボックス・セットにパッケージ化、日本盤CDセットとして発売(限定版カラーLPセット、ブラック・ヴィニールLPセットは輸入盤のみ発売)

購入・予約:https://store.universal-music.co.jp/artist/paul-mccartney/







【関連記事】
ポール・マッカートニーのソロ名曲ベスト40選
亡き妻リンダが撮影した、ポール・マッカートニーと家族の素顔(写真ギャラリー)