第96回選抜高校野球大会の決勝が3月31日、甲子園球場で行われ、健大高崎が報徳学園に3−2で逆転勝利し、学校としても県勢としても初優勝を成し遂げた。今大会もプロ注目のドラフト候補が大会を盛り上げた。“名将”故・野村克也氏が最も信頼した“右腕”として知られ、阪神ではスカウト、ヤクルトでは編成部長としてドラフトの指揮を執った松井優典氏に「夏が楽しみなドラフトの逸材」をピックアップしてもらった。

大会ナンバーワン投手は報徳学園の今朝丸

スカウトがドラフト1位候補としてマークする特Aクラスは不在の大会だった。
「今年のセンバツはドラフト1位で競合するような選手は少なかった。いわゆる不作の大会にあたるのだろうが、高校生は伸びしろがあり夏に向けての成長で上位で消えそうなクラスの選手は何人かいた」
松井氏が投手の中で一番手にあげたのが、決勝戦の健大高崎戦で3失点しながらも最後まで投げ切った右腕の今朝丸裕喜(報徳学園)だ。8回に今大会最速の149キロを出し、準々決勝では優勝候補だった大阪桐蔭に1失点完投勝利した。
「今大会の投手でのナンバーワン評価は今朝丸。素材は間違いのない投手だったが、それを実戦の中での結果につなげることができるようになってきた。ピッチングを覚えた。評価がガラっと変わった。ストレートは最速140キロ後半で空振りが取れるし、不利なカウントからでも外角にストレートでストライクが取れる。ボールをリリースするタイミングがいい。3位までの上位で消える素材だと思う」
2番手にリストアップしたのは元中日投手、洗平竜也氏の次男、洗平比呂(八戸学院光星)。一昨年の夏の甲子園からマウンドに立っている本格左腕だ。1回戦の関東第一戦では、ドラフト候補の坂井遼に投げ勝って2失点完投。2回戦の星稜戦の立ち上がりに2失点した部分を「どういった心理だったのか。野球を舐めているように見えた」と問題視したが「夏からの成長を感じる。手が長い特徴を生かしてボールに角度があり、右打者の内角へ投げ切れるのが素晴らしい」と称賛した。今大会では最速は143キロだったが、147キロまで伸びているという。
1m86ある大型右腕の平嶋桂知(大阪桐蔭)も評価した。1回戦の北海戦で7回7奪三振無失点。2回戦の報徳学園戦は、制球が定まらず2失点して4回で降板している。最速は154キロだが、今大会では149キロが最速だった。
「体格の割にボールに角度がない点が気になるが、そのポテンシャルは超高校級。ボール先行のカウントからアウトコースの低めでストライクが取れる。夏に向け、どれだけ伸びてくるかを見てみたい投手」
4番手としては吉岡暖(阿南光)と高尾響(広陵)の右腕2人の名前をあげた。吉岡は、3試合で30奪三振、高尾は高知戦で1失点完投。タイブレークで敗れた青森山田戦で7回までノーノーを続行していた。
「どちらも素材型というよりも完成型。より完成度が高いのは高尾だろう。牽制や守備、連携などの部分も出来上がっている。1m72という上背と今後の伸び幅を考えると、現時点では社会人向き。そこでより完成度を高めて即戦力でプロへいくパターンが理想かもしれない。吉岡も完成度が高く、どちらかと言えば、ストレートを見せ球にして変化球で空振りが取れる投手。打者が低めの変化球に手を出すシーンが多かったのは、それだけ腕の振りとキレがいいのだろう。最速は143キロだったがストレートのほとんどが130キロ台。それでも抑え込んでいるのは、スピードガンには出ない体感を打者に感じさせているのだろうが、やはりスピードに物足りなさがある。彼の場合は、大学への進学向き。近年、大学で飛躍的にスピードアップする傾向があるだけに、今後を追いかけたい投手だ」

吉岡、高尾とは対照的な素材型投手としては、青森山田の関浩一郎と櫻田朔の大型右腕コンビが目立った。関は最速147キロをマークしている。ただ松井氏は「関はまだリリースが安定せず、櫻田は上体が大きくぶれるフォームが理想形とは言えない」と指摘。また1m84から投げ下ろすストレートが145キロをマークした“栃木の怪童”こと小川哲平(作新学院)も「素材としては抜群だがプロの評価は別れるだろう」との評価に留まった。
番外編としてリストアップしたのが左腕の竹下海斗(敦賀気比)。初戦で明豊に敗れたが、松井氏は、その投球のほとんどを占めたチェンジアップと、ノーヒットに終わったものの、5番打者としての打撃センスが目についたという。
「ストレートは130キロ台で現時点でプロはしんどいが、チェンジアップという特殊球があり、打者としても野球センスを感じさせる選手」
一方の野手では真っ先に名前があがったのは、吉岡から大会第1号を放った左のスラッガー、モイセエフ・ニキータ(豊川)。両親がロシア人で愛知県生まれ。松井氏は、その第1打席で一塁手が捕れなかったほど、上空へ高く舞い上がったファウルフライに注目した。
「低反発バットでつまりながらライトポール際にまで運んだ本塁打以上に驚いたのが、あのファウルフライ。中田翔(現中日)が大阪桐蔭時代に打ち上げた打球に重なった。相当のスイングスピードがなければ、ああいう打球は打てない。将来クリーンナップを打てる素材。打撃フォームにクセがないのがいい。こういう選手はプロで伸びる。外野守備ではスタートが遅れるなど印象は良くなかったが、そこは克服できる部分」
次に推したのは優勝した健大高崎の主将で「4番・捕手」の箱山遥人。5試合で打率.444、6打点と結果を残し、二塁送球タイムも1.8秒台を誇る強肩捕手だ。
「打撃の固さに課題は残るが、長打力があり、決勝戦の最初の打席で今朝丸の外角の変化球に対応するなどのセンスが光る。捕手としては、どっしりした打撃とは対照的にフットワークが機敏で動きが柔らかい。捕手を補強ポイントとしているチームが多いだけにドラフトでは注目捕手の1人になるだろう」
スリランカ人の両親を持つ右打ちの一塁手ラマル・ギービン・ラタナヤケ(大阪桐蔭)も魅力の素材。しかし、今大会では全試合で4番を任されたものの11打数2安打と結果を残せなかった。

「あらかじめテイクバックを取っておいてブンと振り出す独特のタイミングの取り方。バットがまだ遠回りするが高い身体能力を感じる。背番号5を背負いながら一塁を守っていたこともあり評価の難しい選手かもしれないが、素材としては申し分がない」
大阪桐蔭の中では左の1番打者として5試合で.583の高打率を残し、神村学園戦ではランニングホームランを決めて話題となった境亮陽も注目の外野手。
「外野手として大会ナンバーワン。ロッテの藤原恭大に重なるセンスを感じる」
また松井氏は、投手&遊撃手の“二刀流”の颯佐心汰(中央学院)を「スカウト好みの選手」として高く評価した。
「投手として148キロを出す強肩もさることながら、守備範囲の広さが群を抜く。正直、まだ二遊間の内野手のグラブさばきはできていないが、足も速く、高い身体能力に伸びしろを期待できる。プロでは野手だろう」
松井氏は、捕手では徳田拓朗(報徳学園)、内野手では萩原獅士(星稜)、外野手では、正林輝大(神村学園)に引き続き注目したいという。
野手の番外編で松井氏がリストアップしたのが砂子田陽士(八戸学院光星)だ。主将で「1番・センター」を任されたスピードスター。
「1m72と体格は小さいが、足がとてつもなく速い。いわゆる一芸選手。センターとして打球への反応が素晴らしく打撃センスもいい。こういうタイプの選手は大学、社会人を経てドラフト指名されるケースが多いが、プロの段階から育成すればどうなるかを見てみたい」
育成枠の対象選手かもしれないが、その足はプロでも通用する武器だ。
「高校生は春から夏にかけて大きく変わる。去年のドラフトで大学投手が8人1位指名されたが、高校時代に注目されていなかった投手も多い。そういう意味で夏に向けて、ちょっとしたプレーや、1球、1打から目が離せない」
松井氏は、2024年センバツをそういう言葉でまとめた。
(文責・RONSPO編集部)