強い台風5号は4日正午現在、奄美大島の東約190キロの海上をゆっくりと西に進んでいる。大東島地方に4日未明、最接近した。沖縄本島地方には5日午前中、最も近づく見込み。大東島地方は強風域に入っている。伊平屋村や国頭村辺土名など沖縄本島地方の北部の一部は、4日夜のはじめから強風域に入る恐れがある。大東島地方は暴風域に入らない。沖縄本島地方も暴風域に入る可能性は低いとしている。

 沖縄気象台は大東島地方や沖縄本島地方では、5日にかけてうねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。 気象庁によると、台風5号は4日正午時現在、ゆっくりと西に進んでいる。中心の気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 強い台風5号は勢力を維持したまま西よりに進み、その後北に進路を変える見込み。大東島地方には4日未明に最接近した。沖縄本島地方には5日午前中に最も近づく見込み。

 沿岸の海域ではうねりを伴い、大東島地方は大しけとなっている。沖縄本島地方は波が高く、5日昼前から大しけとなる。

 波の高さは4日、大東島地方で6メートル、沖縄本島地方で5メートル。5日、大東島地方と沖縄地方で6メートルと予想されている。

 大東島地方では引き続き5日にかけて西または南西の風が強い。沖縄本島地方では4日夕方から5日にかけて北西または西の風が強く吹く見込み。

 風の強さは、4日、大東島地方で最大風速が17メートル、最大瞬間風速が30メートルと予想されている。沖縄本島地方では、最大風速が15メートル、最大瞬間風速が25メートルと予想されている。5日は大東島地方で最大風速が15メートル、最大瞬間風速が25メートル。沖縄本島地方では、最大風速が17メートル、最大瞬間風速が30メートルと予想されている。

 沖縄気象台は大東島地方と沖縄本島地方でうねりを伴った高波への警戒と強風への注意を呼び掛けている。【琉球新報電子版】