強い台風5号は5日午前9時現在、沖縄本島の北北東約360キロ、屋久島の南約80キロの海上をゆっくり北北西に向かっている。沖縄地方の沿岸の海域はうねりを伴い、沖縄本島地方と大東島地方ではしけている。沖縄気象台は高波に十分注意するよう呼び掛けている。沖縄からは徐々に遠ざかっており、6日朝にも九州に接近、上陸する見通し。 気象庁によると台風5号は4日午後6時現在、中心の気圧は965ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。沖縄本島地方では6日にかけて、大東島地方では、5日昼前にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意が必要としている。【琉球新報電子版】