【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設作業が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、午前10時現在で100人以上が参加。台風接近の影響もあって曇りがちの風が吹く中、新基地建設に抗議の声を上げている。 通りがかったレンタカーから「頑張って」と声がかけられる場面もあり、座り込んでいる市民と手を振り合っていた。

 この日は朝から資材搬入がない状態が続いている。