第23回を迎えた2017年夏祭りin那覇「一万人のエイサー踊り隊」(同実行委員会主催)が6日午後、那覇市の国際通りで開かれた。気温30度を超える炎天下で、約4千人(主催者発表)が勇壮な演舞を披露した。

 今年は昨年と同じ66団体が参加。子供から大人まで参加者たちは、国際通りの10カ所で息を合わせて踊り、約6万5千人の観客を楽しませた。

 うるま市を拠点に活動する「結太鼓」の一員として仲間と共に参加した県立前原高校1年の金城史龍さん(15)は「暑いがみんなで踊るのが楽しく、達成感を感じられる」と述べ、思い切りばちを振った。

 那覇市の平良清美さん(53)は孫の安里瑠桃(るいと)ちゃん(2)と一緒に踊った。平良さんは「太鼓の音を聞くと“肝(ちむ)ワサワサ”する」と笑顔を見せた。