衆院沖縄北方特別委員会の鈴木克昌委員長らが7日午前、沖縄を訪れて那覇空港を視察した。沖縄総合事務局の坂克人・開発建設部長から那覇空港第2滑走路の建設状況について説明を受けた。坂部長は那覇空港の利用者や航空機の発着回数が増加傾向にあることなどを説明し、埋め立て工事の進捗(しんちょく)状況を紹介した。

 委員らは「第2滑走路の完成が東京五輪に間に合うか」など質問があり、坂部長は「間に合うようにやっているが天候の状況次第のところもある」と話した。委員らは国際線の入国手続きや税関なども視察した。【琉球新報電子版】