【東京】小野寺五典防衛相は7日、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが豪州東海岸で墜落した事故で、在日米軍のシュローティ副司令官と防衛省で面談した。オスプレイが飛行を再開したことを受け懸念を表明した。

 小野寺氏は米側からは「運用上必要」という旨の説明があったと明らかにした。

 防衛省は6日、米軍に日本国内での飛行自粛を求めていた。小野寺氏は今後も引き続き自粛を求める考えを示した。【琉球新報電子版】