名護市辺野古の新基地建設工事を巡って、県が国を相手に岩礁破砕差し止めを求めた訴訟で、那覇地裁は7日、進行協議を開き、第1回口頭弁論を10月10日、第2回口頭弁論を11月14日に開催することを決めた。

 一方、判決が出るまで県が工事中止を求めた仮処分申し立てで、県と国側の双方が主張する審尋も初めて開かれ、国側は裁判所が審判対象とする「法律上の争訟」に当たらないとして、申し立て却下を求めた。【琉球新報電子版】