辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は8日、那覇市内で幹事会を開き、12日の県民大会でオスプレイの飛行即時停止と配備撤回を求める特別決議を行うことを決めた。幹事会後の記者会見で明らかにした。山本隆司事務局長は「基地や不条理が続く限り、何度でも(県民大会を)やる。裁判闘争と現地闘争で連帯して翁長知事を支える」と話した。県民大会は、辺野古新基地建設の埋立工事差し止めを求めて国に提訴した翁長雄志知事を支える意味があることを強調した。

 幹事会では高良鉄美氏(琉球大学大学院教授)を共同代表に追加することも全会一致で決めた。同会議の共同代表は稲嶺進氏、呉屋守将氏、高里鈴代氏、玉城愛氏、高良氏の5人となった。