稲嶺進名護市長は9日午後、任期満了に伴う来年2月の名護市長選挙へ3選を目指して出馬する意向を示した。那覇市内のホテルで記者団に答えた。先月末に与党市議団からの出馬要請を受けていた。「与党議員からの要請を受けて、後援会で話を進めている。後援会の決定に従って私も動いて行く」と述べ、出馬の意向を表した。

 稲嶺氏の後援会は9日に名護市内で幹事会を開き、方針を確認する。それを踏まえて稲嶺氏は23日にも正式に出馬表明する予定。【琉球新報電子版】