県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は10日午前、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイがオーストラリア沖で墜落した事故について対応を協議した。意見書案、抗議決議案の提出について結論が出ず、15日に再度委員会を開くことを決めた。

 自民会派が提出の可否についての結論が出ていないとして、持ち帰りを要望した。さらに委員長案として文案を示すことにも難色を示したため、委員会での文案提示は見送られた。【琉球新報電子版】