沖縄総合事務局はマイカーから公共交通への利用転換や時差出勤などがどの程度、交通渋滞の緩和につながるかを測るため、9月16日から22日の間、通勤時の公共交通利用などを呼び掛ける「わったーバス大実験」を実施する。県内200社程度の参加を想定し、10日、参加企業の募集を始めた。  参加を申し出た企業の社員に対し、期間中、公共交通機関や自転車、徒歩、相乗りなどマイカー通勤を減らすか、通勤時刻を前後にずらす時差出勤をするよう求める。  総合事務局によると、渋滞のピーク時間帯である午前7時台と渋滞が緩和する午前8時台で国道58号の交通量の差は約1割だったという。開発建設部の望月拓郎企画調整官は「交通量が1割減るだけで渋滞は緩和するのではないか」として、今回の実験で渋滞緩和の効果を測定したい考えだ。  参加申込企業の先着200社に対し、500円分のチャージが入ったIC乗車券「OKICA(オキカ)」を最大10枚贈呈する。望月企画調整官は「マイカー以外の通勤や時差出勤を検討するきっかけにもしてほしい」と述べ、多くの企業の参加を募った。   専用ウェブサイトから申し込んだり、申込書を取得したりすることができる。サイトのアドレスはhttp://www.shimatate.or.jp/try-bus/