沖縄への過重な米軍基地負担から派生する事件・事故に抗議し、新基地建設に反対する「翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない県民大会」(主催・辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議)が12日午後2時、那覇市の奥武山陸上競技場で開かれる。 「辺野古ブルー着用を」
 
 今回の県民大会は名護市辺野古・大浦湾の海をイメージした青色をイメージカラーに設定している。主催するオール沖縄会議では、青い物を着用して参加するよう呼び掛けている。大会には翁長雄志知事や稲嶺進名護市長らも参加し、登壇する。  県民大会では、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸機MV22オスプレイが5日にオーストラリアで墜落するなど事故やトラブルが相次いでいるにもかかわらず県内を飛行している現状に抗議し、配備撤回を求める特別決議を採択する。米軍基地から派生する事件・事故が戦後72年を経ても続く状況を踏まえ、新基地建設に反対する大会宣言も採択する。  大会は非常に暑くなる時間帯に開かれるため、主催者側は熱中症対策を実施する。給水所を3カ所、救護所は2カ所設置する。オール沖縄会議では「(参加者各自でも)熱中症対策を万全にしてほしい」と水分補給や帽子など日よけ対策を呼び掛けている。 18市町村が送迎バス準備/県民大会行き
 各市町村ごとで組織する島ぐるみ会議などは県民大会参加者の交通手段を確保するため送迎バスを準備している。  少なくとも18市町村の組織が送迎バスを出す。このうち恩納村、金武町、本部町、今帰仁村、名護市、国頭村、東村、北谷町、沖縄市、うるま市、読谷村、北中城村、中城村、糸満市、八重瀬町の15市町村は先着順で乗車できる。