【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米国最大の平和団体「ピースアクション」の政策担当で上級ディレクターのポール・マーティン氏(47)が11日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前と辺野古漁港の横にあるテントを訪れ、抗議船で海上から工事の現状を確認した。基地建設が進んでいることに「米国内でこんな美しい海を埋め立てることは考えられない」と驚きの表情を見せた。

 マーティン氏が辺野古を訪れるのは今回が3度目。テントではヘリ基地反対協の安次富浩共同代表から説明を受けた。

 マーティン氏は「米軍基地があることで日本はさらに危険になる。その上、新基地建設には日本の国民の税金が多く使われている。日本が他国と交流し、関係を深めれば、基地に使うはずのお金を経済活性化に回せる。そして日本をより安全にすることができる」と強調した。

 建設反対の抗議活動について「多くの人が現場でよく頑張っている」と評価した。その上で「現状を日本国民に伝え、日本政府や政治家に働き掛ける必要がある」と指摘した。

 マーティン氏は今後、米国内にあるピースアクションの約100の支部と辺野古の現状を共有し、米国の政治家やNGO団体にも新基地建設反対に向けて働き掛ける予定だ。【琉球新報電子版】