観光誘客や物産販路拡大などを図るため、翁長雄志知事や平良朝敬沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)会長らは13日、台湾でトップセールスを行った。教育旅行誘致に関するセミナーや、沖縄の観光振興への貢献に感謝を示す「沖縄ナイト」を開催した。子どもたちの交流を活発にすることで関係強化を図っていくことを確認した。 台湾の教育行政を担う教育部への表敬訪問では、平良会長から教育旅行の窓口をOCVBが担い、積極的に受け入れていくとの説明があった。「沖縄ナイト」では、雨天にもかかわらず台湾から80社168人、沖縄からは19社39人が参加した。泡盛やオリオンビールなど県産品が振る舞われ、大いに盛り上がった。